12月にダブル台風が発生!日本の影響、進行方向、対策の必要は?

今回は衝撃的なニュースを目撃したのでそれを記事にしたいと思います。

12月だというのに台風が発生したというニュースを目撃し、なんとその台風が2個同時に発生する(26号と27号)というダブル台風が発生したらしいです!

そこでダブル台風のことについて調査をしてまいりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

12月に発生するダブル台風はなんと13年ぶり

台風が同時に発生するダブル台風事態は実はそう珍しくはないらしいのですが、12月という時期なのに台風が2個同時発生するという事はなんと2004年12月に発生してから13年ぶりに発生したというとてもレアなケースらしいです。

12月に発生する台風ってだけでも辞めてほしいのにそれが2個発生するってだけでももう恐ろしいですよね・・・、濡れるし外出しにくいしで災難です(笑)

しかも発生したのが2017年12月21日・・・台風の進むスピードが仮にゆっくりなペースだとしたら、貴重な正月休みが楽しくありませんし、台風の影響がひどかったら、外出なんてできなくなりますよね。

ですので、今のうちに台風の対策をしなきゃ!とか、水とか早く買いに行かなきゃ!とか今のうちに買いだめに走る人も多いかもしれませんが、そもそも日本に上陸するのか?進行方向はどうなってるの?と気になってる方もいると思いますのでそれも調べてきました。

ダブル台風の日本の影響や進行方向

今回のダブル台風の日本の影響は、今のところないそうです。

よかったですね!貴重な休みが潰されずに済みますし、これでお正月休みも有意義に過ごせることは間違いなしだと思います。

この台風の発生地はミンダナオ島の東らしく、日本とは離れている場所で発生しているため、今のところ日本に直撃する心配はないらしいです。

気になる進行方向ですが、どちらの台風も南シナ海を西に進んでいき、22日にはフィリピンの方に進んでいくそうですので、日本に住んでいる方は大丈夫だと思いますが、もしフィリピンへ旅行する方は気をつけて行かれたほうが良いと思いますね。

ということは対策する必要はない!?

このダブル台風、今の情報だけだと日本へ直撃する心配はありませんが、台風対策しなくていいんだ、じゃあいいや!と言って安直に対策を怠るのはちょっと危険かなと思います。

自然現象は何が起こるかわからないのが一番恐ろしい所だと思いますし、地震という自然災害も、突然のタイミングでやってきたりしますよね?

なので、いつ台風が来てもおかしくないように対策することは必要だと僕は思いますし、スーパー等にいって、念のために2リットルの水を1本買っておく、コンビニで単三電池を1個買っておくだけでもぜんぜん違うと僕は思います。

もし「フィリピンへ行く予定のダブル台風が日本に進行方向が変更して直撃予定です!」なんてニュースが入ったとしたら、突然のパニックであたふたしちゃいますよね?

台風が進行方向を変更するということはよくあることですし、フィリピンへ行く予定で日本へ直撃はしないけど進路変更してダブル台風が直撃したら大変だから少しは対策しておくかといった感じでちょっとだけでも余裕を持っておくことで、突然の災害にも対応できます。

まとめ

今回はダブル台風について記事にしました。

もしかしたら進行方向が変わるかもしれませんので、今のうちに少し対策を取っておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする