2019年の5月がなぜ暑いのか理由や原因が気になる!夏は暑すぎる?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さて今回は最近気になる出来事というのを記事にしていきたいと思います。

2019年の5月・・・、非常に暑いと思いませんか?、もう真夏日だよ!とツッコミをいれたくなるほど・・・、友人でも「暑すぎてクーラーつけた」といった方もちらほら見えます。

世間はまだまだ5月、季節的にも「春」なのにどうしてこんなに暑いのかその理由や原因が非常に気になりませんか?

2019年の5月がこんなに暑い理由はなぜなのか、ということはもしかすると2019年の夏はさらに暑くなるのか?、夏は暑すぎるのか?といったことをまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年の5月が暑いのはなぜ?理由や原因が気になる!

さてまずはじめに2019年の5月が暑いのはなぜなのか、理由や原因についてまとめていきたいと思います!

2019年の5月下旬に入って一気に熱くなりましたよね、天気予報でも「熱中症にお気をつけください」といった言葉もちらほら使われるようになってきました。

2019年の5月は熱中症に注意!症状や対策と応急手当もチェック!

ツッコミを入れるとするのであれば、おいおい今は8月かよ!といった感じですね、でもまだ5月、なぜ2019年の5月ってこんなに暑いのでしょうか?、それでは理由と原因を解説します!

2019年の5月が暑い理由なのですが、それは「ジェット気流の蛇行」の影響で、まだ5月なのにこんなに暑いといったことです。

2019年の5月の13日頃からジェット気流の蛇行が発生しており、オホーツク海から日本の東海上に寒冷渦が移動してしまった影響で、日本に高気圧が発達してしまいました。

その影響で、ジェット気流は北に大きく蛇行してしまったことが原因です。

その影響で、日本に非常に暖かい風が吹き寄せる理由となってしまい、5月の25,26,27日は5月とは思えない暑さとなってしまいました。

特に26日、27日は前橋、宇都宮、岐阜、甲府で36度近い温度になるということで、真夏近い温度です。

ですので、熱中症になる可能性というのは十分にありえますし、熱中症というのは突然やってくるわけですから、自分は大丈夫とは思わずに、しっかり水分と塩分を補給しましょう!

2019年の夏は暑すぎる!?

さて最後に2019年の5月がこんなに暑いわけですから、2019年の夏はもっと熱くなるのではないかといった気になる情報をまとめていきたいと思います。

やっぱり、2019年の5月でこんなに暑いわけですから、2019年の夏は厚すぎるといったことになるのではないかと誰もが考えてしまうわけですよね。

しかし、今回の2019年の5月が暑い理由と原因はなぜ?といったことは、ジェット気流の乱れということでした。

ということは、2019年の夏は「絶望的な暑さ」となることは今のところでは考えられないのではないかと思います。

もしも5月が暑い原因と理由が「地球温暖化によるもの」であれば話が変わりますが、気流の乱れということで、こんなに暑くなってしまいました。

ですから、考えられないほどの暑さになるといったことは6月の段階ではまだないのではないのかなあと筆者は考えました。

だからといって「夏が暑いのは当たり前」ですので、油断せずに熱中症対策はしっかりとやっていきましょう!

まとめ

今回は2019年の5月がこんなに暑いのはなぜ?理由や原因が気になるということと、もしかしたら夏はもっと暑くなるのか、暑すぎるのではないかといったことをまとめてきました。

2019年の5月が暑いという理由や原因はジェット気流の乱れということで、2019年の少なくとも6月は暑すぎるということはないというのが筆者の意見でした。

今回はここまで読んでいただきありがとうございました、読者のためになりましたら幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする