アフリカのスーダン共和国の過酷さを調査!平均寿命が低く災害が凄い!?

今回はアフリカで有名なスーダン共和国

を調べてきました!

我々は日本という国に住んでおりますが、

スーダン共和国ではどのようなことが起こっているのか?

スーダン共和国の平均寿命は!?

といったことを調べ上げてきたので

楽しみにしていてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スーダン共和国の過酷さ!

出典:NAVER まとめ

スーダン共和国の過酷さを物語るのは

まずその平均寿命からにあります!

なんと平均寿命は約64歳!

日本の平均寿命の83歳に比べると

約20歳も早くになくなってしまうということですね。

20年というのは結構大きく、

生まれたての赤ん坊が立派に成長し、

社会のため毎朝会社に通い始める頃

でありますよね??

その長い長い20年を犠牲にしているので、

スーダン共和国の方々は長生きできずに

おりますので過酷な国であることがわかります。

さらに、5歳未満の子どもたちが数多くなくなっており、

1000人のうちに70人亡くなるという計算です。

ということは、幼稚園の子どもたちが毎年7人も

尊い命が亡くなっているという衝撃的なことになります!

このような平均寿命の低さや子どもたちの生存難という

のは医療機関が発達していないことが多く、

スーダン共和国は資金不足等で医療機器の

調達が困難となっています。

そのため、病院内の医療機器の不足や

メンテナンス不良が著しく、発生しています。

更にスーダン共和国の国立病院では受診料が

原則無料ということもあり、貧困層の受診者で

溢れかえっている現状です。

なのでメンテナンス不足や医療機器不足、

溢れかえっている受信者の現状を考えますと、

お世辞にも適切な処置がされているとは

いえないため、このような事になったのだと思います。

スーダン共和国の方たちは生まれたときから

生きることに対する必死さを死ぬまで

背負い続けなければならないという

運命で生活しているのではないかと思います。

僕的には日本に生まれただけで相当な幸せ者

だなということを実感しました。

スーダン共和国の災害

スーダン共和国は平均寿命が低い

だけではなく、ナイル川の氾濫による

洪水で洪水災害が多々起こっています。

大雨や台風という一次災害だけではなく、

その後大雨や台風の影響で巨大なナイル川が

氾濫し、洪水が起こり町が荒れるという

二次災害も頻繁に起こっています。

洪水が起こると作物が台無しになる

だけではなく、民家に水が侵入してしまうと、

家のものが洪水で流れたり、小さい子供が

溺れてしまうと行った重大な事態も

避けられませんよね。

日本で洪水でこのようなケースになることは

あまりありませんが、地震による津波を

想像していただければ簡単かと思います。

大雨、台風が起こってしまうだけで

津波のような恐怖が起こってしまうわけです。

毎度毎度津波が起こってしまうと

作物が育たないため貧困になり、

貧困ということは満足に食べられない、

満足に食べられないから飢えてしまったり

泥棒に走ったりというような事態が

引き起こってしまいます。

日本に住んでる方は冷たく言うと

関係ありませんが、僕自信は

このような実態である

スーダン共和国のことをみんなは

知っておくべきだと思いました。

「僕は運が悪い運が悪い」

と思ってるほどこの記事を見て欲しい

と思います。

スーダン共和国に住んでいる方たちに比べりゃ

ホームレスや引きこもりの方の気持ちなんて

大したことじゃないと僕は思います。

スーダン共和国の水くみは過酷だった!

今現在、スーダン共和国では

給油システムが広がっており、

水を汲む心配はなくなりましたが、

生きるために必要な水、それの調達は

どのようにされていたのか知っておくべきです!

過去のスーダン共和国では水道がありませんでしたから、

井戸で水を調達するしかありませんでした。

さらにスーダン共和国のカポエタでは人口は年々増加

しており、結果的に井戸の数が不足しています。

その為少ない井戸に多くの人が集中し、

汲む量が定められたこともありました。

井戸の水を汲むために長い行列に毎日苦労し、

井戸の近くで小さな争いを毎日耐え、

それで水を手に入れても水が入った重い

タンクを家まで持ち帰らなければなりません。

このような生活を毎日毎日続けていると、

身体は徐々に衰え、力は出なくなり、

暑い時期だと1回の汲む量では満足に

生活はできないかと思います。

そこでより多くの水を獲得するために、女性や

ちいさな子供までもが過酷な水汲みを

していたという実態がありました。

今は蛇口をひねれば水が出るシステムが

広がり始まったため、水を汲む必要がない

子どもたちを学校に行かせてあげることが

できたので、スーダン共和国にも

光が当たりはじめました!

まとめ

今回は過酷なスーダン共和国

について記事にしました。

この記事を見て

「俺はなんて小さいことで悩んでたんだろう?」

って思ったり

「こんな実態もあるんだから私の悩みなんて・・・」

と思ってくれる方がいることを願って記事にしました。

スーダン共和国の皆さんが少しづつでも

豊かな暮らしができるよう祈っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする