哀川翔の究極の動物愛!?弟を半殺しにしたエピソード

どうも、動物大好きで猫を飼っている

ゆいやです。

今回は、動物が大好きな

人気俳優の哀川翔さんの

エピソードを記事にしたいと思います。

それだけではなく、哀川翔さんの

趣味や悲しいエピソードも記事にしたいと

思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

哀川翔さんはメダカの飼育が趣味

哀川翔さんは多趣味で釣りやゴルフが趣味なのですが、

中でも目を引くのがメダカの飼育でしょう。

メダカを飼育するというのは実は結構難易度が高く、

慣れていないと、金魚同様、すぐに魚が

死んでしまいます。

それに水槽のお金や餌のお金が結構

高く、水槽を掃除したり水を入れ替えたりしたり

する手間暇があるので、魚が好きな人でないと

続かない趣味だと思います。

そのような趣味をお持ちになっているという

ことなので、相当動物が好きなんだということが

わかると思います。

僕自身も小学生の頃に金魚を飼っていましたが、

実は飼育は全部親まかせになってました(笑)

哀川翔さんの耳に入ったら怒られそうですね。

カメレオンにまつわるエピソード!

哀川翔さんは中学の頃カメレオン

飼っていました。

しかし哀川翔さんの弟さんが誤って

飼っていたカメレオンを殺してしまったことで、

弟に制裁を加えたらしいです。

兄に殺されるかと思ったと感じていたようで、

弟さんは哀川翔さんに敵わなかったそうです。

この時点で哀川翔さんは相当な動物好きという

のがわかり、その動物に危害を加えるようであれば

絶対に許さないといった感覚なのではないのでしょうか。

僕自身も動物が大好きなので、

哀川翔さんの気持ちは痛いほどわかりますし、

猫が大好きなので、

その猫がいじめられているとわかった場合には

想像もできないほどの怒りがこみ上げてくると

思います。

動物好きな人が動物と接している姿は

微笑ましい光景ですので、哀川翔さん

の動物が好きな一面にはとても共感できます。

哀川翔、悲しいエピソードも

哀川が5歳の時、父親が訓練中に搭乗していた航空機同士が衝突して徳島沖で事故死。当時母親は臨月だったため、代わりに哀川が父親の亡骸と対面、遺体を確認したという。この事故はマスコミ各社で大きく取り上げられ、当時の新聞には待合室の椅子に座り、同行した叔父が読む新聞を覗き見する子供時代の哀川の写真が載った。

出典:wikipedia

とあり、哀川翔さんは5歳で父親の死の姿を見ています。

仲のいい人の死というとはとても辛いものがあり、

それが自分の父親だとしたらその悲しみは計り知れない

ほどだと思います。

特に5歳ということもあり、幼少期から死の悲しみ

というのを感じていますし、もしかすると

幼いときにこういうことを感じたため、カメレオンを

誤って殺してしまった弟を許せなかったのではないでしょうか。

僕の考えですが、虫だろうと爬虫類だろうと生きている限りは

というのがあります。

命の唐突さがよくわかっている哀川翔さんだからこそ、

このような行動ができたんだと思います。

当然昆虫も大好き!

2000ゼロ年代後半頃から、各メディアでしばしば昆虫好きであると紹介されるようになる(別に隠していたわけではなく、いわゆる「意外な一面」的なクローズアップのされ方)。特にカブトムシについては2015年までに約2万5000匹を羽化させた実績(幼虫のエサも自作である。)があり「カブトムシ愛好家」という肩書きで紹介される事がある

出典:wikipedia

と書いてあるとおり、カブトムシ飼育に力を

注いでいたようです。

僕も小学生ぐらいの頃はカブトムシが

大好きで、カブトムシを持っている友人に

集まって触らせてもらったりしていました(笑)

まとめ

いかがでしたか?

今回は人気俳優の哀川翔さんについての

記事を書きました。

哀川翔さんの素晴らしい動物愛と、

死の悲しみを幼い時に知ってしまった

哀川翔さんの悲しいエピソード

紹介いたしました。

このような悲しいエピソードを経験した

哀川翔さんの心はとても強く、純粋な心

をお持ちだと思います。

何かありましたらお問い合わせにお願いします。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする