愛工大名電野球部(2019)の4番やエースの実力!成績やドラフトも調査

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さて今回は愛工大名電という野球部で有名な高校について記事にしていきたいと思います。

愛工大名電といえば、毎年毎年夏の高校野球でかなりの成績で活躍されている高校で、2019年も非常に注目されているはずの高校です。

今回はその愛工大名電の2019年度の4番やエースの実力はどれぐらいのものなのか、そしてドラフトや成績はどのような感じになっているのか非常に気になりますのでまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

愛工大名電野球部2019の4番やエースの実力は?

まずはじめに愛工大名電の野球部2019の4番やエースの実力はどのような感じになっているのかというのについてまとめていきたいと思います。

愛工大名電の直近の試合である2019年3月の試合を見てみますと、愛工大名電の今の4番は二村颯馬(ふたむらそうま)さんという方が4番となっております!

二村颯馬さんは岐阜東ボーイズの主将をやっていただけではなく、侍ジャパンU-15にも選出された素晴らしい実力を誇っている愛工大名電の最強の4番です!

強肩とも言われており、盗塁を阻止する二村颯馬さんの姿が簡単に想像出来ちゃいますよね!

更に二村颯馬さんは最初は全くセンスを感じられなかったと語っていたのですが、こつこつ練習して今があり、なんと今は4番を任されているという、素晴らしい成長を遂げました!

次は先発起用されているエースなのですが、2019年の今で先発起用が一番されている選手が森春輝(もりはるき)さんです!

森春輝さんは2019年現在は3年生で、2019年の甲子園がラスト・・・!、そして次はドラフトが待っているということになっていますね

一番緊張する時期かと思われるのですが、やはり先発に起用されるということはかなりの実力を持っていると想定できますし、2019年でもかなりの活躍をしてくれるでしょう!

愛工大名電野球部2019の4番やエースのドラフトや成績

さて次は愛工大名電野球部2019の4番やエースのドラフトや成績はどのような感じになっているのかについてまとめていきたいと思います。

愛工大名電野球部2019の4番の二村颯馬さんはもはやドラフトなら引っ張りだこでしょうね、やはりキャプテンを経験しているだけではなく、しっかりと実力をつけていく地に足をつけていくタイプの選手ですので、採用する側からするとやりやすいです。

とくに、愛工大名電の付近の中日のドラフトは・・・、多分黙ってはいないだろうと筆者は思います。

そして次に森春輝さんのドラフトですが、こちらもドラフトがかかるとしたら、2017年に愛工大名電の方がドラフト1位でDeNAにドラフトがかかっています。

ということであれば、今回の森春輝さんもDeNAにドラフトがかかる可能性だってありえます。

お二人の成績なのですが、詳しい戦績はまだ不明となっておりますが、二村さんはかなりの実力を持っているキャッチャーですので、快進撃を放った可能性も考えられますね!

まとめ

今回は愛工大名電の4番とエースの実力はどのような感じなのか、ドラフトや成績はどのような感じなのかということについてまとめてきました。

やはり愛工大名電は注目される高校ですので、2019年の甲子園に出場した際には4番とエースの活躍にこうご期待ですね!

今回はここまで読んでいただきありがとうございました、読者のためになりましたら幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする