アマゾン川に旅行する際の注意点!生息する危険動物や珍獣を一部紹介!

アマゾン?よく利用しているよ?

といった声のほうが最近有名かもしれませんが、

本来はアマゾン川のことですよね(笑)

そんなアマゾン川ですが

アマゾン川にも観光したい!

という方もいるかと思うというか、

僕がそうです(笑)

そのため、アマゾン川に対することを

知ってほしいため記事にしてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アマゾン川とはどういう所?

出典:NAVER まとめ

実際の所、アマゾン川って?

という質問に対して詳しく答えられる方は

少ないかと思います!

まずはアマゾン川とはどういうところかを

説明して、アマゾン川について少しの知識をつけ、

注意できるポイントを調べたりするのが

海外旅行の基本というわけですね!

それでは紹介していきましょう!

アマゾン川というのは南米のブラジルと

その周辺国のアマゾン熱帯雨林という場所を

流れる世界最大の川というわけですね!

世界最大の川というのは知っている方は

多いかと思いますが、僕は知らなかったです(笑)

要するに僕の知識は相当薄っぺらいということです(笑)

次が重要で、

アマゾン川は非常に動物が住みやすい環境

という環境と言われているんですね!

動物が住みやすいということは

あらゆる動物がアマゾン川に生息している

というわけで、当然あらゆる動物が生息している

ということは、危険な動物猛毒を持つ動物等も

生息しているというわけです。

だからアマゾン川というのは

観光地でもありますが、

同様に危険な場所でもあるわけですね!

アマゾン川の危険動物や珍獣

アマゾン川は危険な場所

という認識はできたとは思いますが、

アマゾン川に行く前には最低知っておきたい動物

があり、それを軽く紹介致します。

・ピラニア

アマゾン川といえばピラニア!

というぐらい有名な淡水魚です!

ピラニアは危険! 噛み付いてくる!

と言われていますが、気性事態は実はおとなしいんです。

では何故危険か?といいますと、サメと同じで

血に反応するというわけです!

要するに怪我をして血を流している状態で

川に入ってしまうと獲物と勘違いして襲われてしまう

というわけですね。

俺は怪我してね~し大丈夫やで~~~

という方もアマゾン川で怪我する可能性もありますし、

地形も安定しないため擦り傷等も十分にありえます。

ですので、アマゾン川の中に入ったりする場合には、

川に入る前に、今一度血の確認をすることが重要です。

・ヤドクガエル

ヤドクガエルは日本にはいないキレイな色のカエルです。

しかし名前にドクと付いているだけあり猛毒を持っています。

日本の動物が持ってる毒よりも強力な毒を持ち、

仮に毒が身体に入ってしまうと命の危機があるくらい

危険な動物です。

仮にヤドクガエルを見ても触るのはご法度、

近づくのですら危ないです!

・アナコンダ

巨大な蛇で有名で、毒は持ちません。

しかし体格が非常に大きく、体の長さは

9メートルを超え、体重は250キロ

成人男性3~4人分ほどの重さ

胴回りは直径30センチを超えるという

日本の蛇とは比べ物にならない大きさです。

それだけではなく、人食い蛇という異名がついており、

実際にアナコンダに襲われて亡くなった人もいます。

その為アナコンダをもし見かけても興味本位で

近づいたりしてはいけませんが・・・

果たしてこんなに巨大な蛇を自ら進んで

近づく方はいるんでしょうかね?(笑)

僕なら逃げます(笑)

・アマゾンカワイルカ

危険動物ではありませんし、

そこまで重要ではありませんが、

アマゾン川に生息している珍獣です。

実はイルカって海だけではなく

川にもいるんですね~~~(笑)

イルカ大好きな僕は

危険な場所に足を踏み入れてでも見てみたい!

と思いました(笑)

このカワイルカは目が退化していますが、

その理由はカワイルカは濁った水の中に生息していて、

濁った水の中だと目を使う必要がなく、

徐々に目が退化していったのです!

しかし変わりに聴覚と触角が発達しており、

くちばしの下の感覚毛や自前の聴覚

獲物の場所を判別しているわけですね!

感覚毛と聴覚のお陰で目が見えてなくても

ス~イスイ!とイルカらしく泳ぐらしいです!

アマゾン川には本当にたくさんの動物が

いますので、上記以外にも危険な動物がいます。

しかし、全部をいっぺんに覚えるのは難しいため、

最低限でも上3つの動物の知識は頭に入れておきましょう!

アマゾン川の注意点!気をつけるべきポイント

アマゾン川の危険動物はわかった!

知識も入れた!よしじゃあ出発!

・・・というわけでもないんですよね。

やはり危険な場所に行く前には入念な準備が必須です!

アマゾン川では虫刺されが非常に多く、

蚊もかなり飛んでおります!

アマゾン川の蚊は日本とは違うため、

危険な感染症を持っている個体もいます!

刺された時は大丈夫でも、

帰省中、突然異変が発生するケースもあります。

その為虫に刺されないようにするために

長袖、長ズボン、長靴、手袋など、

肌を露出しない努力をしておくのは最低限です!

更に虫除けスプレー等のアイテムも持っておきましょう!

暑くてヤダ!という方も持っていくだけ持っていって

後で着替えてください!

対策してなくて感染症にかかって

あの時対策しておれば・・・

と後悔したくありませんよね!!

その他にもアマゾン川に生息している危険な

動物を把握するため、本屋でアマゾン川に

生息している動物の図鑑等を買ったり、

インターネットで調べてメモをとったり

スクリーンショットを取る等しましょう。

この知識をつけるという行為は

アマゾン川に行く時だけではなく、

他の海外旅行する際にも重要ですので、

アマゾン川以外の場所に行く時も必ず実践しましょう!

自分の命を守るのは・・・

自分です!

まとめ

アマゾン川は魅力が多く、見たこともない

動物たちに出会えるので確かに楽しい場所です。

しかしそれと同様に危険な場所

ということを頭に入れておきましょう。

危険な場所と認識することで、

上記の行動が大事ということが

理解できると思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする