藤井新悟(車椅子バスケ)の障害の原因とは!?妻との出会いや出産の壮絶な戦い!

今回は24時間テレビで放送された

新井新悟選手について記事にしたいと思います!

新井新悟選手とは車椅子バスケットボールで

活躍されてる障害持ちのバスケットボール選手です。

そんな彼が経験した壮絶な戦いを記事に

したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

藤井新悟の障害の始まり

藤井新悟が障害持ちになったのは

突然の出来事で、会社の同僚と

スキーの旅行に行った時に起こりました。

スキーで事故をし、病院へ運ばれて、

その後に藤井新悟さんは目を覚めました。

目が冷めた瞬間に恐ろしい経験をしたらしく、

自分の体が雪の中に埋もれている感覚が

あったそうです。

そう、事故の影響でみぞおちから下の感覚が

全くなくなってしまい、一生車椅子が必須な

身体になってしまったということです。

個人的に歩けない辛さというのは

かなりのもので、両足の足も動けない

ということはそれだけでリハビリが大変です。

しかし藤井新悟さんは一生車椅子が「必須」

つまり車椅子がなければならない身体ですので、

リハビリの意味がないという残酷な結果でした。

そのことを言われた時は車椅子生活が

全くイメージができず、その生活も嫌で、

どん底の生活だったらしいです。

そんなどん底の生活から救ったのは

車椅子バスケットボールの存在でした!

車椅子バスケットボールという競技があることを

知った瞬間の藤井新悟さんは興奮し、

何もなかった日々に希望の光が見え始め、

車椅子バスケットボールを初めて

わずか3年で日本代表に選ばれます!

その後2004年から4回連続

バスケットボールパラリンピックに

日本代表として出場し続けました!

井上郁美(現:藤井郁美)との出会い!

車椅子バスケットボールを続けていく中、

井上郁美さんという女性と出会いました。

藤井新悟さんはこの井上郁美さんという

方になんと一目惚れしました!

ちなみにこの井上郁美さんも左足に

骨肉腫が出来ていて、左足に障害を

持っています。

やっぱり障害を持っている人

同士、何か通じるものが合ったと思いますし、

藤井新悟さんも障害の気持ちがわかってくれる

井上郁美さんと結び合いたかったのだと思います。

一目惚れした藤井新悟さんは井上郁美さんに

告白をはじめました。

1回目は振られ、その2回、3回目と

振られています。

おそらく、自分より重い障害を持っている

藤井新悟さんを受け入れることがなかなか

できなかったのだと思います。

しかし、ついに藤井新語さんと

井上郁美さんは結婚し、井上郁美さんは

藤井郁美さんと名字が変わりました!

藤井新悟さんはこの人以外に

見つからないと思い、何回振られても

かっこ悪いままでいたくなかったという

強い思いがあり、諦める以外ないという

感じで何回もアタックしました。

郁美さんには「この人には自分しかいない」という

支えていこうという気持ちが芽生え、どんどん

藤井新悟さんのことが好きになっていきました。

やっぱり何度も何度も頑張ったかいがあったと思いますし、

このような事を見る限り、努力というのはいつか

実を結ぶということがわかりますよね!

僕も藤井新悟さんを見習って、前向きに

努力していこうと思いました!

しかし新井新悟さんは奥さんよりも重い障害を

持っているため、郁美さんの両親に合うのが

不安で不安で仕方がなかったそうです。

ですが、一度勇気を出して会いに行った時、

井上郁美さんの父親から

「古い考えかもしらないが、男が結婚する

ということは、自分が死ぬまでその人の事を

守っていくことが当たり前だと思っていて、

郁美さんのことを一生守っていくことが

できるのであれば、よろしくお願いしたい!」

と、結婚を承諾したのです!

素晴らしい両親ですよね、身体のことを一つも言わず、

心の強さを聞いてきたり、その藤井新悟さんを

受け入れてくれる度胸は素晴らしいと感動しました!

出産も壮絶な戦いだった!

結婚して幸せな家庭を築いていた夫婦ですが、

自分たちの子供がほしいと考えていました。

しかし、子供を産むのにはお互い障害が

あるということで、新井新悟さんの

身体に手術が必要でした。

その手術の成功率は10%でした・・・

10%ですよ10%!90%は失敗しちゃうんです。

しかし10%もある!まだ僕にも子供がうめる!

と思い、手術を決断したという、とても

前向きな気持ちと、子供がほしいという

気持ちが感じ取れます。

郁美さんは毎日自分の体に排卵誘発剤を

打つ毎日でした。

それだけではなく、赤ちゃんが生まれない日々が

何度も続きます。

何度も何度も何度も、何度も!、そう、

何回も何回も病院へ足を運び、残念な結果を

聞きながら毎日毎日出産に励んでいました。

二人には子供がほしい!というとても

強い意志があるため、諦めるという

選択肢はありませんでした。

そしてついに出産することができました!

名前は藤井蒼空(ふじいそら)君という名前で、

由来は苦しくても自分たちが空を見続けて

頑張っていたように、強い男の子に育ってほしい

と思い、そう名付けました!

藤井新悟さんも藤井郁美さんもとても強い

意志を持っていますので、その意志は

自然と受け継いでいると思います!

きっときっと、強い子に育つでしょうね!

まとめ

今回は車椅子バスケットボールで

活躍されている藤井新悟さんについて

記事にしました。

このような話を聞いて僕は感動し、

これからも毎日活躍していってほしいと

思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする