ブルゾンちえみの走るもう一つの理由!絶望を救った恩師坪井先生の娘がガンがきっかけだった!

今回24時間テレビで発表されたランナー

ブルゾンちえみさんですが、ブルゾンちえみさんの

走る理由にはもう一つ理由がありました!

そのため、ブルゾンちえみさんの

告白を元に、ブルゾンちえみさんの

もう一つの走る理由をまとめてみました!

更に!ブルゾンちえみさんは

走っている時に化粧が落ちない

と話題になってます!

そちらの方も記事にしてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブルゾンちえみは絶望していた!

出典:NAVER まとめ

ブルゾンちえみさんは高校の時成績優秀で、

トップクラスの学力を誇るほど、頭がよく、

勉強ができていたそうです!

しかし、高校の時、第一希望していた

大学に受験した際、そこの大学は

ブルゾンちえみさんを不採用にしたのです。

その時、ブルゾンちえみさんは

自分のことを努力が全部無駄だと思った、

耐えきれない絶望を味わった!

と思い、どん底にいたらしいです。

僕も受験や免許センターで不採用になり

落ちてしまったことはありますが、その時の

絶望感は計り知れませんよね。

頭の中が真っ白になり、毎日毎日

意味もなく過ぎていってしまう感覚に

陥ってしまいます。

ブルゾンちえみさんも同じ気持ちになり、

無気力だった状態が続いたかと思います。

ブルゾンちえみさんを救った恩師!

出典:NAVER まとめ

そんな絶望のブルゾンちえみさんを救った

恩師がいて、その方は当時陸上部だった

監督の先生、「坪井先生」でした。

坪井先生は受験に失敗して落ち込んで

いた所に

「自分の魅力をわかってくれない

学校なんて行かなくていい!

お前の魅力をわかってくれる方は

絶対にいるから元気を出せ!」

と励ましたのです。

ブルゾンちえみさんはその言葉を

聞いて救われたと言っています。

生きる希望がなかった時、

生きていく勇気を与えてくれた

とも言っています!

僕も仮に絶望してどん底に

いる状態だったとして、

このような言葉をかけてもらえたら、

生きていこう!という自信が湧きますし、

絶対に見返してやるという闘争心も湧きます。

こういう経験が、今のブルゾンちえみさんの

人気に直結しているのではないかと思います。

実際にブルゾンちえみさんはその後頑張って、

今じゃとても人気者ですよね!!

僕達もブルゾンちえみさんを見習って、

どんなときでも生きていこうと思いました。

恩師坪井先生の娘が病気、それはガン。

出典:NAVER まとめ

そんな恩師である坪井先生ですが、

久しぶりにブルゾンちえみさんに会った時、

ブルゾンちえみさんに自分の娘に会わせました。

坪井先生によると、自分の娘は重大な病気に

かかっているとのことで、それもガンだ

そうです。

まだまだ年齢的にも若く、おそらく10代の

娘さんだと思います。

そんな娘さんがガンにかかったら、親子さんは

とても悲しみますし、頭の中が真っ白に

なるかと思います。

しかし坪井先生は、ブルゾンちえみさんに

会わせることによって、生きる勇気を娘さんに

与えれるのではないかと考えて、会わせたそうです。

その後、ブルゾンちえみさんは、自分の

絶望な時を救ってくれた、生きる勇気を

与えてくれた坪井先生を救いたい、

坪井先生の娘に生きる勇気を与えたい

という強い思いから今回走ることになったらしいです。

走りたいです!と言っていたことは

この理由もあり、自分が走ることで

坪井先生の娘さんを勇気づけれるかどうか

はわからない、でも、自分にできる何かが

したかった、誰かのために頑張ってみたかった!

私の頑張りで力をもらえる誰かがいるなら

頑張りたい!という思いで走りました!

ブルゾンちえみは走りきった後

「貴重な機会を与えてくれてありがとうございました、

いい経験ができました!」

と涙ぐんで言っていました。

こんな私でもできることがあると

先生が教えてくれたと言っていたブルゾンちえみさん

のやる気と意志はとても強いと思いますし、

今回僕も見てて涙ぐみました。

いま絶望している人たちも頑張ることで、

ブルゾンちえみさんみたいに活躍できる

というチャンスをもらえたかと思います!

まとめ

今回は24時間テレビのランナーである

ブルゾンちえみさんについて記事にしました。

恩師のために走りきったブルゾンちえみさんは

本当に嬉しそうでしたし、恩師自信も、娘さんも

とても喜んでいたかと思います!

ブルゾンちえみさん、お疲れ様でした!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする