葉加瀬太郎はバイオリンを4歳から始めていた!?

どうも、習い事は水泳とソフトボールをやっていたゆいやです。

バイオリニストで有名な葉加瀬太郎さんですが、

実は葉加瀬太郎さんは4歳からバイオリン

始めていたということです!

4歳で始めて、それを仕事にするということは

とても凄いことなので、今回はそれを記事にしていこう

かと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

葉加瀬太郎の生い立ち

ヴァイオリンは、4歳で習い始める。本人曰く「1学年10クラスもあった千里ニュータウンの団地っ子」だったことや、当時その団地の同級生の多くが習い事を始めており、「習い事ブーム」だったこともあって、自身も毎週金曜日に近所の公民館で練習していた。10歳で本格的にヴァイオリン教室に通い始め技術を磨き、中学2年で西日本コンクールで2位となった。

出典:wikipedia

といったことより、4歳からバイオリンを習い始めている

ことがわかると思いますが、発端は習い事ブームというブームに

乗っかって毎週金曜日に練習をしていたということです。

その後10歳で本格的にバイオリン教室に通い始めて

技術を磨いてなんと中学二年で西日本2位の成績を

収めています!

西日本2位の成績を収めるということは

簡単なことではなく、よほどの努力をした

ということになりますね。

自分も水泳やソフトボールという習い事は

していましたが、ソフトボールでも県で3位を

取ったくらいが精一杯で、水泳に至っては

ソフトボールを始めるからという理由

やめてしまいました(笑)

それだけではなく、ソフトボールも3位

取った時はベンチでした(涙)

なので自分の実力のみで西日本で2位に

なったということは凄いと思いますし、

バイオリンはチームワークではありませんから、

個人の成績のみで凄い成績を残したので、

生まれつきバイオリンの才能があったのでしょう。

葉加瀬太郎のオリジナルアイテムも!

はか扇子という名前をもじった扇子があり、はか扇子を使ったダンスをコンサートに取り入れている。 はか煎餅、靴下履かせたろうなどのアイテムもある。

出典:wikipedia

はか扇子をダンスのコンサートに取り入れている

だけではなく、はか煎餅靴下履かせたろうという

ユーモアなアイテムもあり、シャレを効かせた

面白いアイテムだと思います。

煎餅や靴下は実際に買えたりするのかどうかは

わかりませんが、こういうシャレの効かせた

アイテムを発表し、ユーザーを獲得している

ことに成功しているのではないかと思っています。

こういうアイテムは僕自身は大好きなので、

葉加瀬太郎さんをリスペクトをして

僕もゆいやさいジュースとかいうアイテムを

将来発売しようかな?と考えています(笑)

実はサッカー好き

サッカー好きでFAプレミアリーグの中ではアーセナルFCのファンである。

出典:wikipedia

ということで本人はサッカー好きということがわかります。

ということは、深夜まで夜更かしして好きなチームの

サッカーの試合ではかなり熱く応援しているという

ことなのでしょうか?

もしそうであれば、クラシックという落ち着いた感覚とは

違う一面があり、葉加瀬太郎さん自身も元々は好きなこと

に対しては熱血になるのかもしれません(笑)

実は僕自身も、好きなことに集中すると

周りも見えなくなることが多々あります。

まとめ

いかがでしたか?

葉加瀬太郎さんは4歳からバイオリンを

習っていたという凄い努力家な人でした。

諦めずに努力をすることで自分の夢が

実るということが感じることができます。

僕自身も新しく自分の夢というのが

できたので、今はその夢に向かって

日々努力しています。

茨の道かもしれませんが、

葉加瀬太郎さんを見習って・・・

何かありましたらお問い合わせにお願いします

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする