ハンドスピナー2018年新作発売日は?ギネス更新や価格、購入方法

皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

ハンドスピナーにまつわる記事を書いていくわけなのですが、ハンドスピナーといえば今日本でも流行っている有名なおもちゃですよね。

海外で人気を高めていて、日本でもいい暇つぶしになったり、ついつい時間が過ぎていくといったことから、日本でも頻繁に売れ始め、ハンドスピナーの自作のレシピ等が出回っていて、今若者の新しい遊びの一つとして有名です。

なのですが、ハンドスピナーの2018年に発売される新作が思った以上に凄いとされていますので、まとめていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハンドスピナー2018年新作の魅力、ギネス更新!?

ハンドスピナーの2018年の凄さがあると最初には語りましたけども、一体ハンドスピナー2018年の新作はどのような魅力がはるのでしょうかね?

2018年のハンドスピナーの新作なのですが、なんとギネスの記録を大幅に更新したとされております!

ギネスの記録なのですが、2017年の12月11日に、認定されたタイムがなんと24分46.34秒という驚異的なタイムで、非常に凄いことがわかりました。

ちなみに、それ以前のギネスの記録なのですが、12分代だったということですので、その記録を2倍も大幅に更新したということは素晴らしいと思います。

2018年新作ハンドスピナーの制作の裏側!?

2017年にギネスの記録を大幅に更新した2018年に発売される新作ハンドスピナーなのですが、なぜここまで大幅に更新できたのか、制作の裏側に迫ってみたいと思います。

実は2018年の新作ハンドスピナーの開発は共同開発ということで、ミネベアミツミと三菱プレシジョンの共同開発したハンドスピナーだそうです!

ミネベアミツミはボールベアリングメーカーとして運営されており、超精密機械加工技術と大量生産を両立させているそうです。

中でも外形22m以下のミニチュアかつ小径ベアリングで世界トップシェアを誇っているらしいのです。

そして三菱プレシジョンは宇宙機器メーカーのパイオニアで、人工衛星の姿勢制御や、ロケット搭載機器のは遺髪、製造を行っているのがメインだそうです!

その他、駐車場のシステム等、独創的な事業を展開されている会社ということらしいのです!

そこで今回はベアリングやホイール等の本体の加工に関するところはミネベアミツミが担当し、設計や君立てや試験は三菱プレシジョンが担当しています。

ミネベアミツミと三菱プレシジョンの超精密と宇宙品質という最強のタッグで、究極の回転維持時間を実現させたということらしいです。

やはりギネスの記録を大幅に更新するだけあり、今回の2018年の新作のハンドスピナーはまさに最高級の一品かと僕は思いますね!

2018年のハンドスピナー新作のデザイン!

さて皆様はハンドスピナーのデザインと言われたらどのようなデザインを想像するでしょうか?

例えば三角形のような形、Yを逆さまにしたような形を想像されますよね。

ですが、2018年に発売されるハンドスピナーの新作のデザインはそのようなデザインを凌駕する面白いデザインになっていることがわかりました!

このようなデザインですね、見た限り丸いデザインとなっております!

Yを逆さまにしたようなハンドスピナーではなく、丸のデザインということはおそらくはこちらのほうが回転数と持続力が高いという結論に至ったからなのでしょう!

このように魅力的なデザイン+最強企業同士がタッグを組んで最高級のハンドスピナーが作られているということは、今後もハンドスピナーのブームがあがっていくのではないかと思います。

だって、玩具で企業が本気で参入してきたケースというのって非常に珍しいと思いませんか?

有名な商品といえばヨーヨーですが、このハンドスピナーもヨーヨー同様、大会等が開かれて盛り上がっていくだろうと僕は思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする