原田泰造、芸人になりたかった理由とコンビ結成の真実!

お笑いコンビネプチューンでお馴染みの

原田泰造さんですが、芸人になりたかった理由や

コンビ結成の真実を記事にしてきました!

芸人になりたかった理由とはなんだろう?

理由が気になりませんか??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

芸人になりたかった理由

実は原田泰造さんは最初は芸人になりたいとか

そういう気持ちがなく、実家の家業を継ぐ事

目標にし、実家の弁当屋を真剣に継ぐという意識で

農業高校を卒業いたしました!

しかし、卒業後、なんでもいいからテレビに出たかった

という短絡的な理由で芸人の道を目指し始め、

俳優などのオーディションに応募し始めたのが

キッカケでした!

個人的に自分の夢を途中で変更し、その次の夢に

向かって新たに突き進むということは・・・

なかなかできることではないですよね!?

そのような決断をした原田泰造さん!

素晴らしいと思いませんか!?

コンビ結成の真実!

出典:NAVER まとめ

実は「ネプチューン」の前に結成していたコンビ

があり、高校時代の友達を誘って

「パープルン」という名前でお笑いコンビを結成

したのです!!

ですが、相方が多額の借金を作り、泣く泣く地元に

帰ってしまったことから、相方がいなくなった泰造さんは

コンビを解散せざるを得なかったのです。

ここで気になったのですが多額の借金を作って

地元に帰った相方というのは一体誰なんでしょう??

いくらの借金を作ったかも気になりますね(笑)

コンビを解散した泰造さんは、新しい相方を

探し始め、当時ピン活動していた

ホリケンこと堀内健さんに目が止まり、

泰造さん自らが声を掛けて「フローレンス」

というコンビを結成しました!

ちなみに「フローレンス」の由来は

堀内健さんと道を歩いていた所、

ふと通り過ぎたラブホテルから名付けたそうです(笑)

「フローレンス」で活躍している中、

泰造さんの先輩である名倉潤さんが加入して、

ついにお笑いコンビ「ネプチューン」

結成したという感じでした!

お笑いコンビの結成理由は色々ありますが、

泰造さんはすごく右往左往されていた

と思います。

右往左往している中、次に前向きに行動していた

泰造さんは素晴らしいと思います!!

きっと、当時泰造さんも相当辛い時期だったかと

思われます。

その後、ショートコントの「ホストのアキラ役」として

人気上昇し、テレビ出演が増加したのです!

つらい時期を乗り越え、ネプチューンを

結成した結果、人気が上昇し、今では

人気芸人として活躍されている泰造さん

とても素晴らしい人生を歩んでいると思います!

俳優としても活躍!

出典:NAVER まとめ

お笑いで活躍している泰造さんですが、

俳優としても活躍していて、最初は

NHKの大河ドラマの「太平記」という

ドラマで死体役として出演し、俳優デビューしました!

し、しかし死体役・・・

今ではいい思い出になりそうですが

当時の泰造さんはどんな思いだったんですかね(笑)

しかしその後ネプチューン初主演映画「どつきどつかれ」

主人公のリイチ役として主役デビューしました!

更に2005年に「キスへのプレリュード」

主役で出演し、その同時期に

第43回ゴールデン・アロー賞と新人賞

受賞したわけです!

死体役という脇役からスタートし始め、

そこから一気に主役としてデビュー、

俳優としても活躍していくうちにいろいろな

賞を獲得している泰造さんの達成感は大きいですよね!

自分の夢に向かってくという強い思い

なんでもいいからテレビに出たいという

本気のパワー!それが泰造さんの

行動力になっていたのではないかと思います。

まとめ

泰造さんは素晴らしい人だと思いますし、

これからも活躍していってほしいと思います。

最初はなんでもいいからテレビに出たい

という短絡的だがその気持ちは本気だということ。

右往左往しながらコンビ結成に悩み、

その結果、今のように有名になり、

自分の夢がかなったという泰造さん

僕は大好きですよ!!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする