24時間テレビ「はじめてのおつかい」の盲目の母、柳田知可がギターでハナミズキ生演奏!?

今回は24時間テレビのはじめてのおつかいに

ついての記事を書きたいと思います。

今回のはじめてのおつかいは

なんと盲目の母に対して子供が

お母さんの目になりたい!という

感動的なストーリーになっています!

今回はその内容等を記事にしていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめてのおつかいの内容

出典:NAVER まとめ

はじめてのおつかいの内容ですが、

4歳の娘が活躍しました!

目に見えない母のために真剣に尽くして

お使いするというところをみて僕は

感動して涙がでてしまいました(笑)

石原さとみさんがしっかりとサポートし、

お使い成功まで導いていて、その

お使いを成功することができました!

成功した時、母親の「柳田知可」(なやぎだはるか)さん

の凄い嬉しそうな顔を見た時、僕も嬉しくなりました!

いい娘さんを持ったと思いますし、これからも家族の

ために頑張ろうという勇気ももらったかと思います!

柳田知可の病気!

柳田知可さんの病気なのですが、網膜色素変性症

(もうまくしきそへんせいしょう)という病気らしいです。

この病気の特徴は徐々に視野が狭くなり、視力を失うことがある

遺伝性の病気ということです。

治療法はまだわかってはおらず、医学の発達次第でどう転ぶか

といったところになっています。

この病気を発症してから、柳田知可さんは

自分の子供が見えない辛さから番組内で涙を

流していました。

とても見ていてつらそうでしたし、

自分がお腹を痛めて産んだ、かわいいかわいい我が子の

姿をもう見れないと想像するだけで、

壮絶な悲しみが湧いてきます。

いつも身近にある目から光が失われてしまうと、

いつも当たり前にできてたことが当たり前に

できなくなってしまいます。

会社へ行くこと、学校へ行くこと、友達と遊ぶこと

それら全てが今は当たり前ですが、その行動すら

難しくなってきます。

それだけ、自分の目から光が奪われるというのは

とてもつらく、非常に悲しいことなのです。

個人的には一生足が動かない、一生左手が動かない

ということよりも両目が見えなくなることに

比べれば全然マシだと思います。

治療法はわかっていないのですが、

病気の進行を遅らせることは可能で、

強い光を避けることで病気の進行を

遅らせることが期待できるらしく、

動物実験によって、強い光を長時間受けると

視細胞の寿命が短くなるらしいです。

そのため、この病気と関係ない人でも、

視細胞の寿命を長くするために、

サングラスを買っておくのもオススメ

かもしれません!

ちなみにこの病気は白内障や緑内障を

併発させやすいようですが、この2つの病気は

どちらも治療可能です!

これらの病気が視力に関係してたら、

視力回復に期待できるかもしれない

ということですね!

 ギターでハナミズキ生演奏!!

そんな柳田知可さんですが、現在はギターの練習中で、

将来はギターを弾けるようになりたいらしいです。

今回なんと、柳田知可さんが24時間テレビの

生放送で一青窈のハナミズキを生演奏しました!

それだけではなく、スタジオに「一青窈」さんが

出演し一緒に歌うという唐突なサプライズに

柳田知可さんも驚きを隠せないでいました!

そして演奏が始まり、一青窈さんの美しい歌声と、

柳田知可さんのギターの練習の成果が見れて、

とても感動的でした。

盲目だけど頑張って曲を弾くという強い思いも

感じ取れましたし、歌と共に柳田知可さんも

更に成長したのではないかと思います。

今後の柳田知可さんはギターに対して

強い情熱を注ぎ、もっともっと

上手になるだろうと思いました。

個人的にはこのサプライズは

行ってよかったと思っています!

まとめ

今回ははじめてのおつかいに

主演された盲目の母「柳田知可」さん

を記事にしました!

盲目だけど頑張るという強い意志を感じ、

これからも未来に向かって行きてほしい!

と心からそう思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする