古谷沙理のプロフィールや出身地!彼氏や家族、平昌五輪結果は?

今回は平昌五輪のバイアスロンの競技に出場される古谷沙理選手についてまとめていきたいかと思います。

古谷沙理選手とは聞いたことがない方が多いかと思われますので、今回は古谷沙理選手のプロフィール等を簡単にまとめていきたいと思います!

更には古谷沙理選手の彼氏や家族の構成、平昌五輪の結果についてもまとめて行きたいかと思います。

補足記事:平昌オリンピックがU-NEXTで配信決定!登録はこちらから!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

古谷沙理の簡単なプロフィールや出身地!

さてまず最初にここでは古谷沙理選手の簡単なプロフィールをまとめていきたいと思います。

古谷沙理選手の簡単なプロフィールをどうぞ!

名前:古谷沙理(ふるやさり)

生年月日:1990年5月25日(2018年2月現在27歳!)

出身地:北海道

身長:166センチ

体重:55キロ

職業:自衛隊

と以上となっております!

古谷沙理選手なのですが、166センチと、女性にしては身長が高めで、体重も55キロと非常にスタイルが抜群な選手ではないかと思います!

それのおかげか、職業は自衛隊をやっているとのことなのですね!

古谷沙理選手の出身地は北海道ということで、非常に海の幸が美味しい地域ですので、普段から美味しい魚等を食べているのではないかと思われます!

海の幸が大好きな僕からすると非常に羨ましいですね(^^)

また古谷沙理選手は地元愛が非常に強い選手であるらしく、朝日新聞の情報によると、出場する時に、出身地の倶知安町公民館で壮行会が開かれたそうです!

壮行会で西江町長は「平常心を忘れず、日本代表の誇りを胸に刻んで、平昌の雲上で夢と感動を送り届けてほしい」と激励しているそうです。

他にもクロスカントリースキー少年団の子どもたちから、寄せ書きの入った日の丸と花束が送られたらしく、地元の子供達からも愛されるという非常に素晴らしい選手であることもわかりました!

このようなサプライズから、古谷沙理選手も猛烈に熱くなっているかと思いますので、頑張って欲しいですね(^^)

古谷沙理の彼氏や家族構成は?

さてここでは古谷沙理選手の彼氏はいるのかどうか、家族構成はどうなっているのか気になる所かと思いますので、まとめていきたいかと思います。

古谷沙理選手の彼氏なのですが、調べてみた結果彼氏のことや交際情報などは見つかりませんでした。

ですので筆者的予想をまとめますと、本人は自衛隊という職業から、非常に忙しい毎日を送っているかと思います。

自衛隊であるということから、国を守るという非常に強い責任があり、更にはバイアスロンで平昌五輪に出場するということで、彼氏のことを考える暇がないというのはわかりますし、ありえたとしても平昌五輪終了時なのかもしれません。

やはり国を守るというのは非常にプレッシャーが高い傾向にあるかと思いますし、その使命を考えるだけで精一杯かと思います。

ありえるとするのであれば、このことを理解してくれる、同じ自衛隊でバイアスロンの選手が一番可能性が高いかと思います!

バイアスロン選手で唯一の男性の選手である、立花幹人選手も、全く同じ状態である、立花芙由子選手と結婚をされているので、バイアスロンかつ自衛隊の選手と交際をするでしょうね(^^)

そして気になる家族構成についてなのですが、両親の情報しか書いてありませんでした。

ちなみに古谷沙理選手の壮行会に両親も出席したということですので、両親と古谷沙理選手の仲は非常によろしいかと思います!

古谷沙理選手が結婚を考える年齢であることと、彼氏を作ることを考えなくてもいい状況ということは、妹かお姉さんがいそうですね!

古谷沙理の平昌五輪のバイアスロンの結果は?

ここでは古谷沙理選手の平昌五輪のバイアスロンの結果についてまとめていきたいと思います。

古谷沙理選手は2018年2月10日に開催された女子7.5kmスプリントに出場されましたが、結果はなんと49位という残念な結果に終わってしまいました。

ですがたくさんの地元の人達から愛されて送り出された古谷沙理選手、このままでは終わらないかと思いますし、2018年の2月12日に開催されるバイアスロン女子10km追い抜きで爆発する可能性もあります!

ですので、町長が絶賛した古谷沙理選手ですから、きっといい結果を残せるかと思います、何はともあれ、これからも頑張ってください!

まとめ

バイアスロン選手の古谷沙理選手は地元を愛し、地元から愛される素晴らしい両親であることが判明!

古谷沙理選手は彼氏のことを考える状況ではないが、立花夫妻のことから、今後はバイアスロン選手かつ自衛隊の人と交際する可能性が高い!

バイアスロンの7.5kmスプリントは残念な結果に終わってしまったが、次開催される10km追い抜きで活躍してほしい!

古谷沙理選手、後悔がないように頑張ってください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする