出光元が肺腺がんで死去!肺腺がんの恐ろしい症状とは一体!?

まず最初に黙祷。

「水戸黄門」などに出演されてた俳優の

出光元さんが肺腺がんの影響で82歳で

この世を去りました。

本当に闘病生活は頑張ったと思います。

苦しく、長い戦いだったと思います。

お疲れ様でした、そしてご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出光元とは?

日本の俳優で、いろいろな時代劇に

出演されていたベテラン俳優さんです。

どちらかというと主演を演じることはないが、

見ている人たちを虜にさせ、強い印象を

視聴者に植え付ける名脇役といわれて

いました。

出演されていた作品も非常に多く、

「水戸黄門」で色々な役を演じたり、

「Gメン」というドラマでは

多数に渡り、いろいろなキャラクターを

演じてきました。

両手で数えても収まりきらないぐらいの

キャラクターを「Gメン」で演じていたのですね。

たとえ脇役だろうとこれほど長期に渡って

出演されていたということは、

それほど出光元さんの能力が高く、

スタッフから信頼されていた証拠であり、

脇役をこれほど出演するのは結構難しいです。

何故かといいますと、様々なキャラクターには

それぞれセリフがあり、感情も全く違います。

なので、感情の出し方もキャラクターごとに

変えなければなりませんので、思っている

以上に難しいことだと思います。

そのようなことをされていて、視聴者に

印象を植え付ける出光元さんはとても

魅力があった方だったと思います。

出光元を襲った肺腺がんとは?

さて、出光元さんを襲った病気、「肺腺がん」ですが、

簡単に言うと「肺がんの一種」です。

実は肺腺がんというのは肺がんの中で

「60%」を占めているほどで、肺がんの中でも

最も発生頻度が高い病気です。

肺腺がんは「非小細胞肺がん」の一種と言われており、

このがんは喫煙との関係が薄いというのが特徴です。

肺がんは喫煙している人がなりやすいと

言われていましたが、肺がんの60%は

「喫煙と関係が薄く、非喫煙者にも起こりうる」

肺腺がんだったのです。

ということは、

「タバコ吸ってないから僕は平気!」

って方でも肺がんになることは

十二分にありえる病気なのですね。

肺の気管支の細い部分に発症するケースが

かなり多いらしく、X線検査で発覚することも

多いのです。

個人的には、「非喫煙者は肺がんの心配はない」

とはいえず、どちらかというと

「非喫煙者にも肺がんが発生するケースは

高い確率でありえる」といったことに

なるかと思います。

非喫煙者の方も警戒が必要だと思います。

肺腺がんの症状

どんな症状でも「早期発見」が大事です。

末期と早期では助かる確立もかなり

変わってきますので、思い当たる節が

ある方はすぐさま病院へ行きましょう。

しかし肺腺がんの症状はなかなか曲者で、

初期段階では自覚症状を感じることが

できません。

ではどうやって見つけるのかというと、

定期的な検診や健康診断で見つける

ことが初期の段階では多いのです。

僕もそうですがやっぱりこの地球で

人間として生まれてきたからには

長生きしたいですし、健康でも

ありたいと思っています。

そのためには定期的な検診や

健康診断は非常に重要で、

受けておいて損はないと思いました。

ガンが広がるに連れて血痰や喘鳴、

胸の痛みが発生し始めます。

このあたりに思い当たる節があれば

即病院へ、遅れたら命が危ないです。

それだけではなく、進行が進むと

がんが転移し、体中が傷んだり、

神経が侵されることによって、

しびれを感じたり顔にむくみが

発生したりします。

がんは転移すると助からない確立が

かなり高いですので、このような

サインを見逃さず、徹底した検診を

受けましょう。

まとめ

今回は名脇役の出光元さんが死去した

記事を書きました。

その原因である肺腺がんは、

非喫煙者にも十二分に起こる可能性が

あるため、健康でいたい方は今のうちに定期検診を

受ける姿勢を取り、早期発見できる

状態を作ることをオススメします。

出光元さん、ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする