インフルエンザのピークの期間は2018年はいつ?予防接種はどこ?

今回は今流行りに流行っているインフルエンザについて記事にしていきたいと思います。

インフルエンザは2018年1月17日現在患者が急増していていつどこでインフルエンザが発症してもおかしくない状況となっております。

そこで今回はインフルエンザのピークの期間は2018年はいつなのか、予防接種はどこで受ければいいのかについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

インフルエンザのピークの期間は2018年はいつ?

さてまずはじめにインフルエンザのピークの期間は2018年はいつなのかについてまとめていきたいと思います。

インフルエンザのピーク期間は2018年は1月下旬(大体1月の25日頃)から2月にかけて(おそらく2月10日辺りまで)がピークの期間であることが判明致しました。

ということは、2018年1月17日現在からまだまだ患者は増えていくということですね。

インフルエンザは発症してしまうと1周間は自宅で安静にしていなければいけませんし、仕事や家事に支障がでて非常に厄介なことになります。

ですのでインフルエンザのピークの期間までに、予防接種を受けるなりする等の対策を取り、2018年はインフルエンザに掛からないように気をつけなければなりませんね!

インフルエンザの予防接種はどこで受ければいいの?

先程は2018年のインフルエンザのピークの期間はいつなのかについてまとめてきましたが、ここではインフルエンザの予防接種はどこで受ければいいのということについてまとめていきたいと思います。

仮に2018年のインフルエンザのピークの期間がわかったところで、予防接種を受けていないとなると自分がインフルエンザにかかってしまうかもしれないという不安が高まりますよね?

ですので、インフルエンザの予防接種はどこで受ければいいのかについてまとめていきたいと思います。

インフルエンザの予防接種はどこで受ければいいのかについてですが、インターネットでインフルエンザの予防接種を受けれる病院を調べることができます!

ですので、インフルエンザの予防接種を受けたい方はインターネットで調べるのが一番いいのですが、大人であれば内科子供であれば小児科が予防接種をやってくれていることが多いのです!

ですので、インターネットで調べるか、内科or小児科に行くことがベストです!

ちなみに大型の総合病院等ではほぼ確実に予防接種はやってくれていますので、心配なのであれば大型の総合病院に行ってみるのも手ですね!

まとめ

今回はインフルエンザのピークの期間は2018年はいつなのか、そしてインフルエンザの予防接種はいつ受ければいいのかについてまとめてきました。

インフルエンザのピークの期間は2018年は1月25日あたりから2月10日まで、インフルエンザの予防接種を受けるのであれば大人であれば内科子供であれば小児科、心配なら事前にインターネットで調べるか大型の総合病院がオススメということがわかりました。

皆さんもインフルエンザに対する警戒は厳重に!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする