川井友香子がレスリング初優勝!実力や成績、オリンピックにも!

今回はレスリングの選手である川井友香子選手について記事にしたいと思います。

川井友香子選手が今回レスリング59キロ級で初優勝を収めたらしいのですが、川井友香子選手を知らない方も多いかと思いますので、川井友香子選手の詳しいプロフィールや実力等も調査してきました。

その他にもあの大イベント2020年の東京オリンピックにも出場するかもしれませんので、そこについても記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

川井友香子とは?

出典:NAVER まとめ

川井友香子選手とは、石川県出身の女子レスリング選手のことで、63キロ級で競技をしている方なのですが、お姉さんはリオデジャネイロオリンピックで優秀した川井梨沙子さんということで、姉妹そろってのプロレスラーです。

兄弟そろってや姉妹そろって同じスポーツをすることは珍しくはありませんが、同じスポーツでプロ入りするということはあまり聞かない話だと思います!

さらに父親もレスリングの元学生チャンピオンだそうで、母親も1989年の世界選手権53キロ級に出場して7位になるというなど、姉妹どころか家族揃ってのレスリング一家だそうです

姉妹どころか家族も同じ趣味に注いでいるっていうのはなかなか聞きませんよね?(笑)

川井友香子の実力や成績

出典:NAVER まとめ

川井友香子選手の実力なのですが、姉につづいて金沢ジュニア教室で始めたらしく、中学3年生の時にジュニアクイーンズカップ中学生の部48キロ級で優勝するなど、レスリングの才能があったとも言えるほどの実力を持っています。

その後の川井友香子さんの成績なのですが、姉を追って至学館高校に進学した後にジュニアクイーンズカップとクリッパン女子国際大会カデットの部56キロ級で優勝するなど、高い実力を持ちながら好成績で収めています。

中学は伸びは良いけど高校になってから伸びが悪くなってしまうということもよくある話ですが、おそらく川井友香子選手は自分を常に成長させたいという一心があったから、高校でも実力が衰えることなく、好成績を残していったんだと思います。

人間、努力することを辞めてしまえばそこで成長は止まってしまいますからね(笑)

その後全日本の選抜選手権で全国中3位という素晴らしい成績を取るとともに、世界ジュニア大会でも9位(ナンバーナイン)になるなど、実力はかなりのものだと思います。

高校生という勉強もプライベートも忙しい時期に、このような素晴らしい結果を叩き出すのは難しいことだと思いますし、心の底からレスリングを好きでないと難しいと思います。

その後持ち前の実力を活かし、全日本学生選手権では見事優勝!、更にワールドカップでは全勝して、チームの優勝に貢献するなど、川井友香子さんの実力はどんどん伸びています。

川井友香子が59キロ級で初優勝!東京五輪参加も!?

川井友香子選手は全日本選手権の2日目、東京で新たな階級区分による決勝戦が行われたらしく、新しく挑戦した59キロ級で見事初優勝を収めました!

今までは63キロ級で出てきたのを59キロ級に落とすというのは非常に厳しい生活を送っていたと思いますし、その努力の結果で優勝することができたのではないかと思います。

ちなみに2020年の東京オリンピックで採用する階級区分や試合方式を適用しているらしく、東京オリンピックにもこの59キロ級レスリングという階級は存在するということですね!

ということは川井友香子選手は2020年東京オリンピックに出場すること間違い無しだと僕は思いますので、今後に期待したい選手の一人だと思います!

まとめ

今回はレスリングの59キロ級で初優勝した川井友香子選手のことについて記事にしました。

2020年東京オリンピック開催まであと2年となってきていますので、開催まで皆さん楽しみに待っていましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする