菊池雄星の凄い実力!西武での成績や活躍、そして今後の活躍は?

今回は西武ライオンズのピッチャーを守っている菊池雄星選手のことに関する情報をまとめていきたいと思います。

菊池雄星選手の実力の凄さや、西武ライオンズでの成績や活躍、そして菊池雄星選手の今後について調べてまいりました。

10年ぶりのVに向けて力を入れているライオンズですが、菊池雄星選手に凄い期待を抱いてるそうです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

菊池雄星選手の実力とは?

出典:NAVER まとめ

菊池雄星選手の実力って一体どれぐらい凄いの?っていうことが気になってるかと思いますので、ここでまとめていきたいと思います。

菊池雄星選手は中学3年生で、全国大会準優勝に貢献するなど、この頃からピッチャーとしての実力が凄かったのです!

さらに高校生時代は145/km/hの速球を投げたというとんでもないことをやってくれました!

野球がわからない方に対して解説しておきますと、当時の145キロという速球は、プロ野球並の早さで、そのような球速を高校生の頃から出しているということです(笑)

今は高校野球でも150キロ超えのピッチャーがちらほら見えますので、あまり凄くはないかのように感じますが、今から10年ほど前だと145キロは結構凄かったんですよね。

更にプロ野球だけではなく、メジャーリーグからも当時は目をつけられていたという経歴を持っていまして、海外の方から目をつけられるということは相当凄い実力を持っているという事です!

なので、菊池雄星選手の実力はプロに入る前からも素晴らしかったというのがわかりますね!

菊池雄星の埼玉西武ライオンズでの成績や活躍!

さて、菊池雄星選手の実力は素晴らしいということがわかったところで、ここでは菊池雄星選手の成績や活躍についてまとめていきます。

菊池雄星選手の埼玉西武ライオンズでの成績や活躍なのですが、2013年に開幕から一軍入りを果たし、プロ入りで持ち前の実力を発揮し、自己最速記録の153キロを達成しながらプロ入り初の完投勝利をするという素晴らしい活躍と成績を残しています。

その後実力も鰻登りで、中日戦では9回までノーヒットノーランの活躍をしたり、その後のロッテ戦で9戦目という成績を残したので、オールスターに選ばれるという素晴らしい活躍と成績を残しています。

ちなみにノーヒットノーランとはノー(無)ヒット(安打)ノー(無)ラン(得点)という意味で、ヒットもさせず、得点もさせないという意味で、勘違いされやすいのはランはランナーの略、ランはホームランの略と、間違った解釈をされています。

さらにその後の実力も素晴らしく、当時左腕で最も最速である157キロを記録するなど、素晴らしい活躍と成績を残しています。

これだけ凄い選手ですので、メジャーから目を付けられるということにも納得できます(笑)

菊池雄星の今後の活躍とは?

出典:NAVER まとめ

ここまでは菊池雄星選手の実力や、菊池雄星選手の西武ライオンズでの活躍や成績についてまとめてきましたが、今後はどのような活躍をしてくれるのでしょうか?

菊池雄星選手の今後の活躍なのですが、西武の辻監督曰く、「開幕投手は菊池しかいないでしょ。」と語っているらしく、菊池雄星選手の実力は認められていて、かなりの信頼を抱いていることがわかります。

10年ぶりの西武ライオンズのVに向けて、菊池雄星選手に託したらしく、今後もさらに実力を伸ばし、好成績を残していくという素晴らしい活躍をしてくれると思います。

まとめ

今回は菊池雄星選手の実力や、菊池雄星選手の西武ライオンズでの成績や活躍、そして菊池雄星選手の今後の活躍はどのような活躍をしてくれるのか?ということを記事にしました。

10年ぶりのVへ向けて、素晴らしい成績を残してくれると思いますので、ライオンズファンは応援しましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする