小室哲哉が引退の理由は不倫?プレッシャーや難聴?本当の原因!

今回は最近ニュースで話題となっている小室哲哉さんについてまとめていきたいと思います。

小室哲哉さんの不倫や引退と、衝撃的なニュースが次々に飛び込んできています。

そこで今回は、小室哲哉さんの引退の理由や原因は不倫が理由なのか、そして小室哲哉さんの引退の本当の理由や原因はプレッシャーや難聴からなのかについてまとめていきたいと思います。

補足記事:小室哲哉の引退の裏側には週刊文春が絡んでいた!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小室哲哉の引退の理由は不倫?

まずはじめにここでは小室哲哉さんの引退の理由は不倫なのかどうかについてまとめていきたいと思います。

小室哲哉さんは2018年1月頃に不倫騒動が発表されました。

不倫になってしまった理由として、妻であるKEIKOさんの介護に疲れ、看護師に甘えてしまったと語っております。

ですので今回は小室哲哉さんの引退の理由として、「不倫等で騒がせてしまったけじめをつけるために引退します」と語っております。

しかし、小室哲哉さんはこの前に不祥事を起こしており、借金で苦しんでいた小室さんが詐欺事件を起こしたというニュースがありましたよね。

そこでは「けじめをつけるために引退します」とは一言も言ってませんでしたし、そのまま音楽活動に復帰されていましたので、少々違和感を感じていました。

その違和感が的中したのか、小室哲哉さんの引退の理由や原因は不倫などではなかったのです!

小室哲哉の引退の理由や原因は不倫ではなかった!プレッシャーや難聴!

先程は小室哲哉さんの引退の理由や原因は不倫なのかどうなのかということについてまとめてきましたが、ここでは小室哲哉さんの引退の理由や原因は不倫ではなく、プレッシャーや難聴だったということについてまとめていきたいと思います。

小室哲哉さんは音楽界の中でもかなり期待されていて有名な方でした。

詐欺事件を起こしたとは言え、それでも尚人気の高かった音楽界のスペシャリストです。

そんな彼の「音楽を作らなければいけない」というプレッシャーは相当なものだったそうですし、くも膜下出血のリハビリ中の妻KEIKOさんはくも膜下出血の後遺症で女性ではなく女の子になってしまったと語っています。

KEIKOさんの介護をしながら音楽を作らなければならないというプレッシャーから膨大なストレスを抱え始め、ついには突発性難聴という致命的な病気を発症してしまいました。

突発性難聴は原因不明の理由により、耳が突然聞こえにくくなってしまうという音楽家にとっては致命的な病気で、あの有名な「ベートーヴェン」「運命」を作る際にこの病気に患ってしまったという事実があります。

そのような状況で、「音楽にも興味がなくなってしまった」と語っている小室哲哉さんは、ついに引退を決意したということです。

ということで、不倫で引退というよりも、長年のプレッシャーやストレスにより、病気「突発性難聴」を発症させてしまい、引退を決意したというほうがしっくりきます。

まとめ

今回は小室哲哉さんの引退の理由は不倫なのか、そして小室哲哉さんの引退の本当の原因はプレッシャーや病気ということをまとめてきました。

小室哲哉さんの引退の理由は不倫などではなく、数多くのプレッシャーやストレスから突発性難聴という病気を発症してしまい、音楽に興味がなくなってしまったため、引退したということがわかりました。

何はともあれ小室哲哉さん、長い期間お疲れ様でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする