有田哲平は結成当時はツッコミ!昔からムードメーカーだった!

どうも、漫才をするならツッコミだと思うゆいやです。

今でこそくりぃむしちゅーは有田さんがボケ

上田さんがツッコミなのですが、

実は結成当初は有田さんのほうがツッコミ役

だったということを記事にしてみたいと思います。

そして現在でも有田さんは周りから

好かれていますが、実は昔からムードメーカー

的存在だったということもわかります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

有田哲平、結成当初はツッコミだった

芸風 漫才、コント(ツッコミ→ボケ)

出典:wikipedia

ということが分かる通り、最初は有田さんが

ツッコミを担当していたという事実がわかります。

有田さんがツッコミしている動画は相当レア

あまり出回ってはいませんが、僕も一度ぐらい

テレビで見たぐらいしかありませんが、

違和感がないぐらいに漫才をこなしていました。

有田さんはかなり信頼されている!

南海キャンディーズの山里亮太によると有田は人たらしな一面があり、ラジオ番組 たまむすびにて山里は以下の発言をしている。「いや、上手いのよ。クールで冷たいイメージがあるじゃない?ひょっとしたら。でも意外と僕みたいな若手の情報を知ってくれてたりするの。サラっと『山ちゃん、この前のあのDDTのやつ、大丈夫だったの?』みたいな。『会場で観てらっしゃったんですか?』(と聞いたら)『観てた、観てた。面白かったよね。スゴイ大役任されていたじゃん』ってサラっと言って。『今日よろしくね』って、スーっといなくなるのとかに、俺でさえキュンとするもん。それはモテるわ。モテるって、そういうことなんだろうね。」

出典:wikipedia

ということがわかるというように、有田さんは

他のお笑い芸人さんにも非常に評価されています。

この文章を見る限り、有田さんはお笑いのセンス

だけではなく、他の芸人さんとも交流

うまくいっているのではないのでしょうか?

また、本人も合コンが大好きで、結構

合コンに行っていたということもあり、

女性からも結構モテているのではないでしょうか?

おもしろエピソードと昔からムードメーカーだった事実

お笑い芸人になろうと上田と共に芸能プロダクションの面接を受けた若き日の有田が、担当の面接官に「将来の夢は何かある?」と質問された際、うっかりマジ間違いで「立派な弁護士になりたいです。」と言ってしまい、驚いた上田が思わず「違うだろっ!」とマジツッコミを入れたそうだが、この一連のやりとりを面接官がネタと勘違いしたために、見事面接に合格した。

出典:wikipedia

ということもあり、意識をしていずともそれが

ネタと勘違いして見事合格したということは、

漫才としての素質があるということでしょう。

僕も人を笑わせることが好きなので、有田さん

や上田さんの才能はとてもうらやましいです。

面白い人が友達にいるのはそれだけで

楽しくなりますよね!

高校のラグビー部時代、試合では上田がレギュラーであったのに対し、有田はベンチ要員だった。その上、ラグビーのルールをよく理解しておらず、ある試合で上田がボールを持ちトライするべくラインに向かって走ると、有田は何を思ったかチームメイトである上田にタックルを仕掛けたという。初めて出場した試合では試合慣れした様子を出そうと野次を飛ばし審判に注意された。その後気まずさを隠して歩いているとサイドフラッグに引っかかり右腕を折る。

出典:wikipedia

という学生時代のエピソードがあり、

この頃からユーモアさがあったといえるでしょう。

何を思ったのかチームメイトである上田さんに

タックルをし始めるという面白い出来事が

起こりました。

僕としてはこのような人がチームメイトに

いるだけで、毎日が楽しいと思うぐらいの

素晴らしい方だなと感じます!

野次を飛ばした挙句怪我をした事は

悪く言えばドジかもしれませんが、

みんなを笑わせて元気づけている

ムードメーカー的な存在だったのでしょう!

まとめ

このような感じで、

有田さんは昔はツッコミ担当していて、

お笑いのセンスも高いだけではなく、

昔から愛されてるムードメーカーということがわかり、

呆れながらもみんなを楽しませていた

という方だったのです。

何かありましたらお問い合わせにお願いします。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする