水町泰杜のサーブやスパイクがかっこいい!最高到達点も気になる

バレーボールのスーパープレイヤーで今じわじわと人気を上げている現役高校生の水町泰杜(みずまちたいと)選手を記事を書いていきます!

水町泰杜選手の何が凄いってなんといってもサーブやスパイクが非常にかっこいいし、見ていても魅了されてしまいます(笑)

ですので今回は水町泰杜選手のサーブやスパイクの動画、そして水町泰杜選手の最高到達点も気になるため、そちらについてもまとめていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

水町泰杜のサーブやスパイクがかっこいい!

まずはじめに水町泰杜選手のサーブやスパイクがかっこいいということをまとめていきます。

まずは日本対韓国のアジアユース選手権の試合の内容からまとめていきます。

試合も第4セット中盤あたりになっているところ、水町泰杜選手のサーブで得点を重ね、日本の攻撃がそれに続くように韓国を圧倒し、韓国に勝利することになりました!

この水町泰杜選手のサーブは本当に得意技といっても過言ではないくらい強い武器であり、アジアユースでも日本のピンチを回避している必殺技でもありますね!

また、水町泰杜選手はTHE ANSWERの情報によりますと、試合中足がつっても交代を拒否するほど、バレーにかける思いはかなり熱く、将来的にかなり伸びていく選手であることがいえますね!

やっぱり、何事も諦めない人というのは、グングン実力をつけて行って、気づいたらすごいところまでいたというのが真理ですからね(*゚▽゚*)

それでは水町泰杜選手のサーブはどのぐらいすごいのか一度動画を見てみましょう!

このとおり動画で見てもわかるとおり、ボールを打つ時に高校生とは思えないほどの軽快なジャンプ、そして相手のゴール端をスレスレ狙う命中精度、ともにトップクラスであるといえるし、何よりとてもかっこいい!

見ていて隼のように、俊敏で狙った位置を逃さずしっかりと決める水町泰杜選手のサーブの実力の高さがわかりますね!

さらに水町泰杜選手はスパイクも強力な武器として有名です。

具体的な例では、スポーツナビの情報からですと、センターエリアからライトエリアまで素早く移動してスパイクを打ち込み、「自分がやられて嫌なことを相手にやりたい」と水町泰杜選手は語っています。

勝ち負けを競う競技において、自分がやられて嫌な攻撃を相手に押し付けるというのは非常に重要ですし、通称鏡の法則というのはどのような世界にも当てはまりますね!

このとおり、水町泰杜選手がスパイクを決めてガッツポーズしている画像もあり、水町泰杜選手自身もサーブだけではなくこのスパイクにも力を注いでいるということですね。

いやあ本当にスパイクもサーブもかっこいい!

水町泰杜の最高到達点は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さて次の話題に入りますと、水町泰杜選手の最高到達点はどれぐらいなのか気になっているので、水町泰杜選手の最高到達点についてここではまとめます。

水町泰杜選手の最高到達点(ジャンプしたときの高さ)はなんと330cmであることがSPAIAの情報で判明しました!

ちなみにこの330cmという数値ですと成人男子のバレーでも通用していけるほどの最高到達点ですし、330cmから打ってくるサーブやスパイクを想像するだけでも恐ろしさと強大さが感じ取れますよね?(笑)

ちなみに水町泰杜選手が高校1年の頃だったとき高校3年だった鍬田憲伸(くわだ けんしん)選手は最高到達点が345cmと、想像するだけでもぶっ倒れてしまいそうな(笑)数値を出しています。

水町泰杜選手のサーブやスパイクのかっこいい理由の一つとして、この330cmという最高到達点があるというのも理由の一つですね!

まとめ

水町泰杜選手のサーブは窮地を逆転できるほど強力な武器で、スパイクが決まると思わずガッツポーズをしてしまうほど、水町泰杜選手も自ら自信を持っている武器です。

水町泰杜選手のサーブの動画を見ると隼のような俊敏な動きかつ、狙った位置に必ずボールを入れるという素晴らしい実力でした。

水町泰杜選手の最高到達点はなんと330cmという素晴らしい最高到達点で、その高さから打ってくるサーブやスパイクを考えただけでも恐ろしいです。

水町泰杜選手はこの先も活躍していってオリンピック選手に選抜されることは間違いないでしょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする