オオメジロザメという人喰ザメが沖縄の川に!?沖縄に生息している理由や水族館にもいる?

今回は沖縄の川に生息している

人喰鮫について記事にしてみたいと思います。

通常サメという生物は海に生息する

というのが一般的に知られていて、

川に生息しているというのが

あまり知られていませんよね?

しかしオオメジロザメは川に生息している

サメというらしく、

それについて説明したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オオメジロザメとは?

オオメジロザメというサメは、

なんと海だけではなく、淡水域にも

進入することができる、とても

珍しいサメなんですね。

生息地というのはミシシッピ川、

ザンベジ側、そして数多くの生物が

存在している観光地でもあり

危険地でもある

「アマゾン川」にも

生息が確認されているというサメなんですね。

あまり知られていませんが、このサメは

非常に気性が荒いらしく、人喰鮫として有名な

ホオジロザメに並ぶほど危険なサメとも

言われています。

更に日本でも死亡例が確認されており、

沖縄に生息しているオオメジロザメによって、

52歳の男性がこのサメに襲われて

亡くなったと言われているほど、

沖縄に行く際には注意が必要なサメなんですね。

大抵の人はおそらくサメというのは海に

生息しているもんだと間違った知識を

頭に入れてしまうことで、川であるなら

サメはいない!安全だ!って思い込んで

しまうことで襲われてしまう危険性というのは

残念ながら増えてしまうのですね。

ですのでサメというのは川にも生息している

ということを理解しておくことで、いざ沖縄に

行ったときでも襲われるケースというのは

グンと下がります!

僕は友人と沖縄に行くときは、このサメの

ことを語って、襲われない工夫というのを

していくであろうと思います(笑)

なぜ人喰鮫が沖縄に!?

ではなぜホオジロザメに並ぶ危険な

人喰鮫が沖縄の川にいるということ

なのですが、それはどうしてなのか

ということが気になりますよね?

日本の中でも沖縄の川にしか

生息が確認されてませんし、なんで

沖縄だけ!?ということが気になると思います。

おそらくその理由としては、水温が関係している

のではないかなと思います。

実はこのサメが住んでいる生息というのは

気温が暖かかったり、水温が高かったり

するところに生息している傾向が見られるかと

思います。

沖縄というのは日本でも特に気温の高い部類に

入る所だと思いますし、サメも泳いでいるうちに

沖縄の川が住みやすくなってしまって、気づいたら

沖縄に生息していたという事実なのかもしれません。

沖縄の人からしたら結構知られているサメ

だとは思うのですが、沖縄県外の方からすると

あまり知らないサメであるかと思います。

ですので、今回このような記事でこのサメに

ついて知ることで、

「パラポネラ」同様、

襲われる可能性というのを

大幅に下げることができるわけです!

ですので、今のうちにこの人食い鮫が

川に生息しているということを

頭のなかに入れておきましょう!

知識というのは吸収しても無駄になることは

ありませんし、リスクというのも存在しません。

ムダ知識という言葉がありますが、

知識にムダというのは存在しないと

僕は勝手に思っています(笑)

ですのでじゃんじゃん知識を

吸収していってください!(笑)

実は水族館にもいる!

そんな人喰鮫という悪いイメージが

ついてしまっているオオメジロザメですが、

実は沖縄の水族館で飼育されているという

ことでも有名らしいのです!

沖縄県の「沖縄美ら海(ちゅうらみ)水族館」

というところで1978年から飼育されている

サメらしく、歴史が高いサメだったのですね!

2006年に11匹の幼魚を出産し、これからも

沖縄美ら海水族館の看板の魚として

力を入れていくであろうといった所でしょうか!

ちなみにオオメジロザメのおかげで、

繁殖賞という素晴らしい賞を

受賞したらしく、オオメジロザメは

沖縄美ら海水族館に大きく貢献してくれています。

人喰鮫という一方で、沖縄の水族館に大きく

貢献してくれてくれる、魅力的なサメだという

ことなんですね!

まとめ

今回は沖縄に生息している人食い鮫に

ついて記事にいたしました。

このように人喰鮫でもありながら

沖縄の水族館にも貢献している、

善と悪が混じっている生物ということが

わかったかと思います!

対策する一方、これからも水族館の

顔として飼育を続けてほしいと思っています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする