大坂なおみ全米オープンテニス2018の試合結果速報!決勝や準決勝は

さてさて全米オープンテニス2018の女子がついに9月7日に準決勝を迎えますので注目を得ていますね!

そこで少し前に大坂なおみ選手という方が注目を浴びたのは覚えているでしょうか?

ですので!今回はその大坂なおみ選手の試合結果速報や、筆者的の予想を書いていきたいと思いますので是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大坂なおみ準決勝試合結果速報!

さてまずはじめに大坂なおみ選手の準決勝の試合結果速報を書いていきたいと思います。

しかし、試合開始は9月7日開始ということで、まだ開始はされていませんので、まず先に筆者的予想を書いていきたいと思います。

それではまず大坂なおみ選手の準々決勝の結果から見ていきましょうか。

本日の準々決勝の対決では大坂なおみ選手の対戦相手はレシア・ツレンコ選手という方で、ウクライナ代表の選手です。

そのウクライナ代表の選手相手に大坂なおみさんが6点、レシアツレンコ選手が1点と、5点も点数差を広げて見事大勝利を収めています!

対戦相手のレシアツレンコ選手も、準々決勝まで上り詰めたということで、テニスの実力としてはかなりある方だと思いますので、大坂なおみ選手は準決勝も勝ってくれるかと思います。

しかし、準決勝の大坂なおみ選手の対戦相手は、なんと大坂なおみ選手が2018年現在で1度も勝つことができていないキース選手が対戦相手ということです。

ということはもしかすると、大坂なおみ選手は残念ながら負けてしまう可能性もありますし、キース選手に4度目の正直として、ついに勝利するという感動的な結果になるかもしれません!

キース選手の持ち味はなんていってもファーストサーブの成功率!、大坂なおみ選手よりもファーストサーブ成功率が高く、このファーストサーブ成功率が試合を左右する結果になるかもしれませんね。

大体大坂なおみ選手のファーストサーブ成功率がファンブログの情報によりますと59%で、キース選手のファーストサーブ成功率は64%ということになっています。

この5%差を埋めてくれるのは間違いなくガッツと冷静さで、大坂なおみ選手に期待が高まっています!

追記!:2018年9月7日(金)、大坂なおみ選手が因縁であったキース選手を破り、決勝進出が決定いたしました!おめでとうございます!

大坂なおみ決勝試合結果速報!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ここでは大坂なおみ選手の決勝試合結果速報を書いていきたいのですが、決勝どころか準決勝すらどうなっているかわかりませんのでここでは決勝にすすめるかどうかの予想を書いていきます。

直近で大坂なおみ選手はキース選手に敗北したのですが、スポーツナビの情報によりますと、その時にキース選手は大坂なおみ選手のことについてこう語っています。

「彼女のコートでの姿勢は最後まで素晴らしかったし、最後までうなだれることはなかった。そして彼女は第2セットのプレイが賢かった。」

「第1セットからプレイを大きく変えて、いろんなショットを混ぜるようになってきた、彼女の変化と成長は、私の記憶に脅威として刻まれた」

と、キース選手は対戦相手であった大坂なおみ選手のことを大絶賛しています。

とくに、記憶に脅威として刻まれたということは、キース選手も大坂なおみ選手の実力を認めていますし、気を抜いたら自分が負けてしまうというプレッシャーも芽生えています。

そんな中、大坂なおみ選手はキース選手に勝つことは今大チャンスだと思いますし、是非キース選手に勝って、決勝進出という素晴らしい結果を残してくれると信じています。

追記!:大坂なおみ選手の決勝の対戦相手はアメリカのセリーナ・ウィリアムズ選手!、セリーナ選手はなんとこれまでに6回も全米制覇しているゲームで言うラスボスポジションにあたる選手です!

大坂なおみ選手は勝つためには「自分を信じること」と語っていますので、このセリーナ選手にも打ち勝って欲しいですね!

追記!大坂なおみ選手がなんと決勝勝利し見事2018全米オープンテニス世界覇者となりました!

まとめ

この記事は全米オープンテニス2018の大坂なおみ選手の準決勝以降の試合結果が発表され次第更新していく速報系記事となっています。

大坂なおみ選手の実力は素晴らしく、準々決勝の相手に6-1と大勝利していて、万全の状態で準決勝に挑もうとしています。

大坂なおみ選手の準決勝の対戦相手はなんとまだ大坂なおみ選手が一度も勝てていない因縁の相手のキース選手ですが、キース選手は大坂なおみ選手のことを認めており、引導を渡せることができるかもしれません。

大坂なおみ選手の準決勝戦は2018年9月7日にテレビで放送されますので、見たい方はどうぞ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする