大雪でエアコンが故障して動かない理由や原因は?直し方や代用品!

寒い日々が続いているかと思いますが、今回はそんな寒い時にエアコンが故障してしまうというニュースを見ましたので、色々まとめていきます。

筆者である僕自身も寒いのが大嫌いで、まだ暑い暑い夏のほうがマシってぐらいの重度の寒がりなわけです><

そんな時に・・・、もしエアコンが故障して動かなくなったらどうなるのか・・・想像しただけで恐ろしいですので、ここではそれについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大雪でエアコンが効かない原因や理由は!?

今現在、ツイッター上にて大雪でエアコンが効かない!とSOSのツイートが大量につづいており、この大雪は非常に深刻な問題かと思います。

雪なんてさっさと溶けてしまえばいいと僕は思っていますが。

やはり天気ですので、雪が降ってしまうのは仕方がない事だと思い、諦めているのですが、大雪でエアコンが動かない理由や原因としては、雪が室外機に詰まっているからです!

室外機というのは案外デリケートな機械でして、大雪の影響で雪が詰まってしまいますとエアコンが正常に運転してくれなくなるわけですね。

ですので、大雪でエアコンが動かない理由や原因としてはエアコンの室外機に雪が詰まってしまうからといった理由ということがわかりました。

いやぁ本当に大雪は厄介ですね、腹立たしいです(笑)

雪が詰まってエアコンが動かない時の直し方は?

寒い日には必需品のうちの一つであるエアコン。

そのエアコンに雪が詰まってエアコンが動かないときの直し方は一体どうすればいいのかという感じなのですが、直し方としては室外機の雪を取り除けばいいらしいです!

雪が降っていて寒い状況なのに、外の室外機の雪を取り除くのは大変かと思いますが、寒いと免疫力が低下して風邪を引いたりインフルエンザにかかるリスクが高くなりますので、是非直しておきましょう!

ちなみにこの作業をすると雪を嫌いになるかと思います(笑)

もし雪を取り除いても直らないという方は純粋にエアコンが故障してしまったパターンもありますので、もし直らなかった方は代用品を使う等の工夫をしましょう!

エアコンが直らなかったりした際の代用品は?

大雪の原因でエアコンが故障して動かなかった時の代用品。

しかしエアコンがもし動いたとしても、「また止まってしまった」「すぐに運転が停止した」といった方も多いと思います。

更に大雪はまだまだ続くとのことですので、いつエアコンが故障してもいいように代用品を買っておくのもベストかと思います!

筆者オススメの代用品1は石油ファンヒーターです!

石油ストーブと違い、灯油を入れるだけでボタン一つで部屋を温めてくれます!

さらに石油ストーブとは違い温まる速度もファンヒーターのほうが圧倒的に早く、近づかなくても部屋全体が暖かくなるため、まさにエアコンの代用品と言えるでしょう!

ちなみにファンヒーターの温まる速度はエアコンよりも早いです!

ですのでこのエアコンの代用品のファンヒーターはオススメの1品の1つです!

そして筆者が特にオススメしているのが電気毛布や電気カーペットです!

電気毛布や電気カーペットはコンセントに刺すことで毛布やカーペットを温めてくれるので、夜寝たい時にエアコンを切って布団の中が温かい状態で寝ることができます!

湯たんぽやホッカイロと違って、電気ですので、冷めることがないのが利点だと思います!

ちなみにエアコンを使わなくてもよいのは利点で、エアコンの風を受け続けると空気が乾燥し、喉を痛めてしまうことが多々発生します(筆者もその一人です)

しかし、エアコンをやめて、夜は電気毛布にシフトした所、朝喉を痛めてしまうということはなくなり、非常に快適に夜を過ごせております!

値段的にもファンヒーターよりも安く、かさばらないため電気屋で買って持ち運びも便利といい事づくしです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする