平昌五輪羽生結弦の競技はショートとフリー?団体も?順位結果は?

さて平昌五輪まであと数日というところまで迫ってきました、日数的に言うと後1週間もありませんね。

そこで今回は平昌五輪のフィギュアスケート選手で出場予定の羽生結弦選手について記事にしていきたいと思います。

現在羽生結弦選手は2017年11月に足首のけがをしてしまいました。

しかし羽生結弦選手は平昌五輪に向けて必死に回復をされており、どうやら平昌五輪全ての競技欠場は魔逃れている所です。

そこで今回は羽生結弦選手が出場される競技の内容についてまとめていきたいと思います。

補足記事:平昌オリンピックがU-NEXTで配信決定!登録はこちらから!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

平昌五輪の羽生結弦選手の出場競技はショート?フリー?

さてまずはじめに平昌五輪に出場される羽生結弦選手の出場競技についてまとめていきたいと思います。

結論から申しますと、羽生結弦選手はショートもフリーもどちらも参戦ということだそうです!

ショートプログラムもフリープログラムもどちらも羽生結弦選手の華麗な演技が見れるということですので、非常に楽しみでありますよね!

ちなみに羽生結弦選手が活躍される日にちですが、ショートプログラムが2018年の2月16日 金曜日 の午前10:00~午後14:30分

フリーが2018年2月17日 土曜日 の午前10:00~午後14:25分であるとされています!

テレビ放送についてなのですが、ショートプログラムはTBSで2018年2月16日の金曜日に午前10:00から放送フリーは日テレで2018年2月17日の土曜日の正午12:00から放送ということです。

また、NHKでもフリーを2018年2月17日の土曜日の午前9:50から放送だそうです。

NHKのほうが日テレよりも早い時間に始まるので個人的にはNHKで視聴したほうがお得だと思います(笑)

羽生結弦選手が怪我のため団体戦は出場せず!

次に羽生結弦選手は怪我のために団体戦には出場しないということが判明いたしましたので、まとめていきたいと思います。

羽生結弦選手が起こしてしまった怪我は、氷の上の練習を断念したりと羽生結弦選手にとって非常に厳しい怪我だったそうです。

さらに2017年の11月に起こしたこの怪我は、3~4週間で完治という当初の診断から大幅に送れてしまったらしく、本格的な練習開始は2018年の1月からだったとのことです。

このままの状況では平昌五輪の練習量は十分とはいえないらしく、ぶっつけ本番という形で平昌五輪のフリーとショートに挑むということらしいのです。

故に、2018年2月9日に開催されるフィギュアスケート男子団体戦においても、練習量の不足から断念することを選択せざるをえませんでした。

しかし、個人ショートプログラムとフリーには強い熱意を燃やしており、五輪に向けて強い気持ちを持って日々過ごしていますとコメントしている等、素晴らしい成績を残してくれるであろうと僕は思います。

平昌五輪の羽生結弦の順位結果は?

平昌五輪の羽生結弦選手の順位結果をここではまとめていきたいと思うのですが、まだ平昌五輪は開催されていませんので、ここでは僕の予想を書いていきたいと思います。

羽生結弦選手は前回のソチオリンピックにおいて見事金メダルを獲得されている他、世界選手権に於いても2017年に金メダル、グランプリファイナルにおいてはなんと4年連続で金メダルを獲得するなど、素晴らしい成績を残されております。

羽生結弦選手が2009年以降に獲得された金メダルの数はなんと9枚というかなりの活躍をされておりますので、今回の平昌五輪でも金メダルを獲得する可能性は非常に高いかと思います。

確かに羽生結弦選手は怪我のため、復活に向けて調整をされていたので、今までの実力よりは劣るのかもしれませんが、それでも平昌五輪の出場の切符を貰ったりする等、完全復活に向けて着々と努力している姿が見られます。

ですので、羽生結弦選手は今回の平昌五輪にて10枚目の金メダルを獲得する可能性としては非常に高いかと僕は思いますね!

また平昌五輪が開催されて結果が分かり次第、記事を更新していきたいと思います。

まとめ

羽生結弦選手はショートもフリーも出場するぞ!活躍を乞うご期待!

羽生結弦選手は残念ながら怪我の影響で平昌五輪の練習が十分とはいえず、団体戦は断念せざるを得ない状況。

羽生結弦選手は過去に9枚もの金メダルを獲得するという活躍をしているため、今回の平昌五輪でついに10枚目の金メダルを獲得する可能性が高いということがわかりました!

羽生結弦選手、ぶっつけ本番のような気持ちで僕に素晴らしい演技を見せてくれることを願っています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする