令和(新元号)を色紙に書いた人は誰?名前と役職や所属が気になる!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さて今回はタイムリーなニュースを記事にしていきたいと思います!

いよいよ新元号が公開され、新元号の名前は「令和(れいわ)」という元号になりました!

予想されていた安久とは全然違う元号ですが、今回はこの令和を色紙に書いた人は誰なのか、名前や簡単なプロフィール等をまとめていきたいと思います。

また、役職や所属は決まっているのかも気になりますので、そちらも一緒に速報記事としてまとめていきたいと思います。

追記!:FNNニュースの情報にて令和を書いた人の名前が判明いたしましたので記事を更新します!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

令和を色紙に書いた人は果たして誰?名前は?

追記!:令和を書いた人の名前が判明いたしました!、名前は茂住修身(もずもおさみ)さんという方です!、この方は先週金曜日(3月29日)から令和を書くリハーサルに行ってたそうです。

さてまずはじめに令和を色紙に書いた人は果たして誰なのでしょうか?、名前はなんという方なのでしょうか。

非常に気になる情報ですが、まだ令和(れいわ)を色紙に書いた人の情報は出揃っていませんので、筆者が簡単な予想をしてみましょう。

まずはじめに平成を色紙に書いた人を紹介致しますと河東純一さんでした、ということは今回も河東純一さんなのではないかと思われるところなのですが、残念ながらこの方は既に退職されておりまして、今回は別の方になるかと思われます。

かなり国から信頼されていて、国に認められた字の綺麗さを誇る人でないと、このような令和を書くことはできませんし、令和の色紙の文字を見ますと非常に達筆です。

今回は速報記事となっておりますので、令和(れいわ)を書いた人は誰なのかといった情報や、簡単なプロフィールが公開されましたら記事を更新していきます。

ちなみに平成を書いた人の年齢は当時42歳でした。

新しい情報なのですが、新元号令和を書いた人の役所属が「内閣府大臣官房人事課辞令係」となっておりまして、その人の役職が「辞令専門官」といった役職です。

この方は書道家級と方を並べるぐらいの実力がある人が選ばれて、新元号を書くタイミングは実は令和が決まって一般に発表するまでの間という非常にきわどいタイミングで書くわけなんです。

ですので、ぶっつけ本番、失敗は許されないといった緊張感とプレッシャーに打ち勝つ実力も必要ですし、みんなが見るとなると、そのプレッシャーや緊張感は想像を絶するであろうと筆者は思います。

まとめ

今回は令和という文字を色紙に書いた人は誰なのか、名前や役職や所属について詳しくまとめてきました。

速報記事となっておりますので、ところどころ欠けている情報はあるかと思いますが、名前等が発表されましたら追記していきますので、お楽しみにしていてください。

今回はここまで読んでいただきありがとうございました、読者のためになりましたら幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする