坂道合同オーディションのメンバーの割り振りは?お見立て会はいつ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

坂道合同オーディションという乃木坂46と欅坂46同時のオーディションが開催されて注目を浴びています。

そしてついに坂道合同オーディションの合格者メンバーが決定いたしました!

そこで坂道合同オーディションの合格メンバーの割り振りについてまとめていきます。

さらに、坂道合同オーディションの合格者のお見立て会はいつになるのかについても筆者の予想を書いていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

坂道合同オーディションのメンバーの割り振りは?

さてまずはじめに坂道合同オーディションのメンバーの割り振りについてまとめていきたいと思います。

今回の坂道合同オーディションなのですが、約13万人の応募者から38人の合格者が発表されました!

48ersの情報によりますと、これは倍率に直すと3400倍ということだそうです。

ただでもグループ割り振り(誰が乃木坂、誰が欅坂、誰がけやき坂)というのは未定だそうですので、筆者的予想を交えて解説していきたいと思います。

一体38人中の何人が乃木坂、欅坂、けやき坂に割り振りされるのでしょうか?

欅坂46まとめもりのコメント欄を参考にしますと色々な意見があり、その中でも二つの意見に分かれていました。

1つ目は乃木坂10人 欅坂18人、けやき坂10人という割り振り、これは乃木坂のメンバーがもう一定数いるので、そこまで人数は必要ではないという判断から、欅坂またはけやき坂の方に寄せるという意見です。

確かにこの予想だとメンバーがいい感じに割り振りさせられて、よりよいチームになってくれる可能性はありますね。

もう一つの意見が乃木坂は10人、欅坂が14人、けやき坂が14人といった割り振り

乃木坂が少ないのは乃木坂のメンバーが既に一定数存在しているからという理由には変わりませんが、これは平仮名のけやき坂が完全に独立して新しいアイドルグループ誕生なのでは!?という意見です。

確かに欅坂とけやき坂ってわかりづらいですし、この人数の分配でけやき坂を完全独立させて、また別のアイドルグループを作るというのも一つの手ではありますよね!

誰が独立グループに行くの?

もしこの合格メンバーの中で、独立する予想が当たったのであれば、誰がけやき坂に行くのでしょうか?

筆者的な予想では1番と40番の女の子が独立グループ予想であるけやき坂に行くのではないかと予想しています。

合格者の中で1番と40番の女の子が特にかわいくて、髪の毛もロングヘアで非常に魅力的なのがわかります。

この2人の女の子であれば、独立したけやき坂で活躍してくれる可能性は高いと思うので、1番と40番の女の子がどこに配属されるかを期待して見てみましょう。

坂道合同オーディションのお見立て会はいつ?

坂道合同オーディションの合格者が発表されましたが(38人)、肝心のお見立て会はいつになるのでしょうか気になりますよね!

坂道合同オーディションの公式発表があるまでは不明ですが、ここで筆者的予想でお見立て会はいつになるのかをまとめてみます。

2015年の欅坂の結成期からのお見立て会から考えますと、結成期が8月で、お見立て会が11月ということになっています!

今回の坂道合同オーディションの合格者発表が8月で、欅坂の結成期と一緒となっています!

で、欅坂のお見立て会が11月といいますと・・・?坂道合同オーディションのお見立て会も11月になるという可能性が高いですね!

また公式が発表され次第、記事を更新していきますので、お楽しみに!

まとめ

今回は坂道合同オーディションのメンバーの割り振りや、お見立て会はいつなのかについてまとめてきました!

坂道合同オーディションの合格者は13万人中38人!倍率は3400倍!センター候補は1番と40番ではないかと筆者は予想しています!

お見立て会はいつなのかについてなのですが、欅坂の結成期とお見立て会から11月という可能性が高いと思います!

坂道合同オーディションの活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする