作新学院野球部2019の4番とエースの実力は?ドラフトと注目選手も

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さて今回はそろそろ高校野球のシーズンが始まろうとしていますので、今回は高校野球部で有名な作新学院についてまとめていきたいと思います!

作新学院野球部2019年の4番とエースの実力はどんな感じなのか、非常に気になりますよね?、ですので筆者がここではまとめていきたいと思います!

また4番とエースの実力だけではなく、ドラフトや注目選手はどのような選手なのかということについてもまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

作新学院野球部2019の4番とエースの実力!

さてまずはじめに作新学院野球部2019の4番とエースの実力はどのような感じになっているのかということについてまとめていきたいと思います。

作新学院野球部2019の4番はおそらく石井巧(いしい たくみ)さんになるかと思われます!、直近の2019年の栃木工との対決で、石井巧さんは4番をつとめていましたので、夏の甲子園でも4番を務めるでしょう。

石井巧さんの気になる実力なのですが、石井巧さんは2年のうちに既にスタメンに入っている、作新学院野球部の貴重な4番バッターです!

2年なのに3年生を抜いてのスタメンですから、石井巧さんはかなりの実力をもっていると言っても過言ではないですよね!

石井巧さんのバッティングの実力は、どちらかというとゆっくりとしたタイプのバッティングで、タイミングを合わせるのが非常に上手で広角のバッターということです!

広角に打てるバッターというのは、ピッチャーにとって非常にプレッシャーが強く、ピッチャー側もどんなコースを投げるかをしっかり考えないと簡単に打たれてしまいます。

ですので、作新学院野球部2019の4番、石井巧さんはバッティングセンスに非常に長ける、主砲といっても過言ではないぐらい超重要な選手であります!

また、作新学院野球部2019年度のエースは誰なのかといいますと、サウスポーの小野寺颯太(おのでら そうた)さんがエースということになります!

小野寺さんは、右打者の選手にとって打ちにくいところを攻めることのできる貴重なサウスポーで、2019年の栃木工との準々決勝にも先発で出場されたエースで、2018年の頃はよく控えでした。

しかし、2019年から先発として起用されたということはかなりの実力をもっているということですし、今後の甲子園に向けて、今以上に活躍されること間違いなしですね!

サウスポーの小野寺さんも非常に実力が高い作新学院野球部2019の主砲と言えますね!

作新学院野球部2019のドラフトと注目選手は?

さて次は作新学院野球部2019のドラフトや注目選手はどのような感じになっているのかということについてまとめていきたいと思います。

作新学院野球部2019年度の4番バッターやエースたちのドラフトはどのような感じになっているのでしょうか、どこのチームに所属するのでしょうか?、非常に期待が高まりますよね!

作新学院野球部2019年の4番の石井巧さんには、プロ野球で活躍されている兄がいて、その方は日ハムの石井一成選手です!

ということは、日ハムからドラフトがかかる可能性も考えられますね!

また、サウスポーである小野寺さんもドラフトがかかる可能性だってありえます!、実力のあるサウスポーはプロにとって引っ張りだこですので、巨人からドラフトがくる可能性も・・・!?

そのほかの注目選手は、作新学院野球部でまだ2年生なのに既にスタメンに起用されている5番バッターの横山陽樹さんも注目選手であると言えます!

今4番の石井巧さんも2年のときに3年生を抜いての起用でしたので、今後横山さんも4番を任される可能性だって考えられますよね!

甲子園での横山さんの活躍をこの目で確かめてみたいです!

まとめ

今回は作新学院野球部2019の4番やエースの実力や、ドラフトや注目選手についてまとめてきました。

作新学院野球部は栃木工との準々決勝で惜しくも敗れましたが、それでもベスト4、まだまだ強豪校というイメージはありますね!

今回はここまで読んでいただきありがとうございました、読者のためになりましたら幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする