世界バレー2018男子1次ラウンド突破条件は?予選通過か敗退か?

さて2018年も9月に差し掛かりいよいよ幕を開け始めるであろう世界バレー2018男子なのですが、今年の1次ラウンド突破条件はどのようになっているのか気になりますよね?

予選通過ではなく予選敗退してしまったら、かなり残念ですし、2018年の第1次ラウンドの突破条件を調べてきました。

さらに、日本は世界バレー2018男子の1次ラウンドを突破できるのか、それとも予選敗退で終わってしまうのか、筆者の予想も交えますね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

世界バレー2018男子1次ラウンドの突破条件は?

ではまずはじめに世界バレー2018男子の1次ラウンドの突破条件や通過条件についてまとめていきます。

まず完結に、世界バレー2018男子の1次ラウンドの突破条件を紹介しますね!

ザックリいいますと、1次ラウンドの突破条件は1次ラウンド内で上位4位に入ることが条件です。

世界バレー2018男子の1次ラウンドの日本の対戦相手は ベルギー、イタリア、スロベニア、ドミニカ共和国、アルゼンチンの5国です。

この5つの国になんとか勝ち上がり、上位4位の中に日本が入る事ができれば・・・、無事日本は予選通過し、2次ラウンドへと勝ち上がることができます!

やはり日本に住んでいるからには、日本には1次ラウンドはなんとしても突破して欲しいという思いが強いですね!

世界バレー2018男子日本は予選通過か?敗退か?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さて次なのですが、世界バレー2018男子の日本は予選通過するのか、敗退するのかについて筆者の予想をまとめていきたいと思います。

やっぱりせっかく世界バレー2018男子に日本が出場するわけですから、予選通過するのかそれとも敗退してしまうのかが気になってしまいますよね。

ではまず先ほどの1次ラウンドの日本の対戦相手の中から予想してみましょう。

まず日本の対戦相手の中から、前回行われた2014年の世界バレー男子から予想をしてみますと、アルゼンチンとイタリアの2国が1次ラウンドを突破し、予選通過しています。

ベルギーの場合は2014年の世界バレーでは予選敗退していますし、ドミニカ共和国とスロベニアは2014年の世界バレー男子には参加していなかったので、日本が予選通過し、1次ラウンドを突破できる可能性は十二分にありえます。

やはり、対戦相手がそれほど強力でマークするべき相手ではないということと、1次ラウンド突破し予選通過したイタリアとアルゼンチンも2次ラウンドで敗退していることから、日本はかなり上に行きやすいと思います。

女子バレーも2014年は2次ラウンド敗退という残念な結果で終わりましたが、それでも1次ラウンドを突破し予選通過していますし、女子バレーが強ければ男子バレーのほうも同じぐらい力を入れていてもおかしくありませんよね。

日本はオリンピックやスポーツ選手権でも結果を残していることが多いので、今回の2018年男子バレー世界選手権においても少なくとも1次ラウンドは突破してくれるでしょう!

まとめ

世界バレー2018男子の1次ラウンド突破の条件は、1次ラウンドの試合で上位4位に入るということが条件でした。

日本の対戦相手なのですが、前回1次ラウンドを突破し、予選通過したアルゼンチンとイタリアで、そのほかにはベルギー、ドミニカ共和国、スロベニアの計5国となっています。

日本が1次ラウンドを突破し、予選通過できるかそれとも敗退なのかどうなのかという予想なのですが、今回の1次ラウンドは目立ってマークされるチームが少ないため、日本が1次ラウンドを突破し予選通過できる可能性は高いほうだと思います。

もうすぐ開催される世界バレー2018男子の開催が待ち遠しいですし楽しみですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする