紫外線ランプがインフル対策!効き目や設置場所やデメリットは?

今回はまた衝撃的なニュースを記事にしていきたいと思います。

過去にインフル新薬のゾフルーザが出たという記事を書きましたが、今回はインフルエンザのウイルスを殺菌する紫外線ライプたるものが稼働しているとのことです!

ですので今回は紫外線ランプのインフル対策の効き目や、紫外線ランプの設置場所、紫外線ランプのデメリットについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

紫外線ランプがインフル対策!効き目は!?

さてまずはじめにここでは紫外線ランプのインフル対策の効き目についてまとめて行きたいと思います。

まずはじめに紫外線ランプのインフル対策における効き目なのですが、なんとインフル対策だけではなく、結核や、多くの空気感染、飛沫感染する疾病の対策にもなるということらしいのです!

その他の飛沫感染、空気感染する症状なのですが、有名な病気に風邪があり、他にはインフルエンザウイルスが引き起こす引き金となり、発症すれば最短でその日のうちに死亡してしまう恐怖の病、急性喉頭蓋炎の対策にもなるかと思います!

このような、紫外線ランプは、今インフルエンザインフルエンザ騒がれていてパニックになっている日本において非常にありがたい機能になっていること間違い無しですし、少しはインフルエンザの恐怖から解放されることになるのは間違いないです。

ですので、ゾフルーザ共々、もうマスクを買いに急いで薬局へ走ったりすることもない日が来るかもしれませんね(^^)

ちなみにインフルエンザで一番効果的な予防法は手洗いとこまめの水分補給ですので、皆さんは参考にしてみてはいかがでしょうか!

紫外線ランプの設置場所とは!?

さて紫外線ランプのインフル対策や効き目についてまとめてきたのですが、一体その紫外線ランプはどの場所に設置されているのでしょうか?

今の現在では人が多く集まりそうな、大型ビルや、地下鉄の車両内、後はバスの内部について設置されており、インフルエンザの殺菌に取り組んでいるそうです。

ですので、人がたくさんいるところでのインフルエンザの感染のリスクは多少下がるのではないかと思われます。

さらに将来的には病院や多くの交通機関に設置される可能性もあり、インフルエンザ対策を強く取り組んでいる熱意が感じられますね(^^)

外出先や、病院へ行く際に少しは安心して行ける日に1日でも早くなって欲しいですね!

紫外線ランプには重大なデメリットがある!

しかし紫外線ランプには重大なデメリットがあることも事実で、紫外線ランプがあるからこれでもう安心だということにはならないのです。

紫外線ランプはあくまでも病気を対策するのではなく、インフルエンザを対策するためです。

ですので、紫外線ランプの影響は身体事態には悪影響を脅かすことがあり、人の細胞も殺菌してしまうという恐ろしいことが起こるそうです。

ちなみにこの紫外線ランプの影響で引き起こされる病気というのが目の視力が下がっていき最終的には失明の恐れもある白内障

その他皮膚がん(有棘細胞がんやメラノーマなど)が引き起こされるそうです。

個人的にはインフルエンザよりもメラノーマのほうが100倍怖いと思いますし、メラノーマにかかってしまうと早急に対策しないと命を落とす恐ろしい病なのです。

メラノーマとは、皮膚がんの一種で、色素を作り出すメラノサイトが悪性化し、がんを引き起こしてしまう病です。

痛みはないのですが、進行スピードが非常に早く、転移もし易い恐ろしい病で、自覚症状が出始めた時点でいろいろな場所に転移されていて手遅れになるケースが非常に多々あるかと思います。

僕であれば、紫外線ランプに頼るよりも、このようにリスクをしって、今後どのようにしてインフルエンザを対策していくかを考えます。

やっぱり、インフルエンザは紫外線ランプに頼りすぎず、こまめな水分補給、手洗い等徹底するのがベストなのではないかと僕は思います(^^)

まとめ

紫外線ランプの威力は凄く、インフルエンザウイルスではなく、結核や空気感染、飛沫感染でうつってしまう病を対策出来る!

紫外線ランプは現在大型ビル、地下鉄車内、バス車内で使われている!

紫外線ランプは皮膚がんの中で最も恐ろしいメラノーマを引き起こしてしまうため、やはり予防するのがベスト!

紫外線ランプだけに頼るのもちょっと危ないですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする