センター試験当日、バスや電車の遅延で間に合わない時の対処法!

今回は2018年に開催されるセンター試験について記事にしていきたいと思います。

センター試験というのはとても重大なイベントで毎年受験生はこの日のために猛勉強を繰り返しているかと思います!

そこで今回はセンター試験がバスや電車の遅延で間に合わない時の対処法や、センター試験に遅刻しないためのコツについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

センター試験がバスや電車の遅延で間に合わない時の対処法は?

まずはじめにセンター試験がバスや電車の遅延で間に合わない時の対処法についてまとめていきたいと思います。

今回2018年のセンター試験は大雪の影響で交通機関が被害を受け、電車やバスなどに遅延が発生する可能性がありえるらしいのです。

そこでもし、大雪の影響で遅延が発生して、どうしても間に合わない時の対処法は、「受験票に記載された当日連絡先に電話してほしい」と語っています!

ですので、当日大雪の影響で電車やバスが遅延することで、どうしても間に合わないとなってしまった場合、早めに電話をかけましょう。

その際、駅などで遅延証明書を発行してもらうとなおいいですね!

センター試験に既についている人を待たせてしまうのは申し訳ないですが、自分の将来のために行動しましょう。

センター試験に間に合わないということをなくすコツ

先程はセンター試験にバスや電車が遅延して間に合わない時の対処法についてまとめましたが、ここではそもそもセンター試験に間に合わないように着くのはどうすればいいのかをまとめていきたいと思います。

まずその1に早寝早起きをしておくことですね。

センター試験の前日はどうしても徹夜や夜更かし等で勉強してしまい、頭の中から勉強が離れていない状況です。

ですので、バス、電車の遅延だけではなく、寝坊で間に合わないとか、試験に集中できないということが発生しますので、センター試験の前日こそ早寝早起きを徹底しておきましょう。

早起きなのですが、例えばいつも起きる時間の1時間半前に起きておく等、大げさなくらい早めに起きておくことをオススメします!

その2に早起きしたら電車、バスの遅延状況を見ること。

早起きしたお陰で、多少時間に余裕が生まれ、冷静な判断で遅延状況を調べることができます。

インターネットで確認するのもいいですし直接電話等で問い合わせしてみるのもいいでしょう!

その3にバスや電車の中で、センター試験会場の場所を把握しておくこと!

センター試験で県外の大学に受験する方も多いと思いますので、センター試験会場の場所の把握をしておくことがカギとなります。

駅についてから調べているとどうしても焦ってしまいますので、脳が冷静のうちに場所を特定したり歩く道をイメージしたりすることで焦りもなく無事到着します。

また、調べ物をすると脳が覚醒しますので、バスの中や電車の中で寝てしまうといったリスクも回避できるわけなんですよね!

以上でセンター試験に間に合わないようにするコツを紹介しました!

個人的に一番重要だと思うのは、使える時間が増える早寝早起きですね!(笑)

まとめ

今回はセンター試験にバスや電車の遅延で間に合わない時の対処法や、センター試験に間に合わないことをなくすためのコツについてまとめてきました。

センター試験にバスや電車の遅延で間に合わないときの対処法は、受験票の連絡先に電話すること、センター試験に間に合わないことをなくすためのコツとして使える時間が増えて予想外の事態にも冷静になれる早寝早起きが重要ということがわかりました。

センター試験を受ける皆様、幸運を祈っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする