下重暁子の過激発言の真実とは!?産むことを疑問に思う理由や本人の出産について!

今回は「家族という病」という小説を書いた作家

「下重暁子」さんについて記事にしたいと思います!

「産みたくなきゃ産まなきゃいい」という過激発言を

した下重暁子の真実や、本人は出産しているのか?

ということを記事にしていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

下重暁子とは?

出典:NAVER まとめ

下重暁子さんは今現在はベストセラー作家という

ことで知られていますが、評論家をやっていたり、

元NHKでアナウンサーも努めていたことも

ある方なんですね!

実は2017年で81歳を迎えた

かなり年配の方であります!

9歳の時に終戦を迎えた経験がありますので、

戦争の時の過激さとか、戦争という恐ろしさを

味わっていたと思われますので、本人に聞けば

貴重な戦時中の話を聞くことができそうですね。

そんな下重暁子さんですが、なんと旧姓のまま

いるということで、改姓をしたのですが、

旧姓のままでいたかったというため、

賛同を得て、下重暁子として死にたいと

語っているらしいです!

本人は夫婦同姓は明治期からの制度と

語っており、今では夫婦別姓でも問題ない

ということを語っていますね!

昔の人でありながら、今ということに

重点を置いている素晴らしい方だと思います!

僕もこういう人を見習って、今というのを最優先し、

いち早く今というのを取り込んで行きたいと思いました!

過激発言と産むことの疑問の真相とは!?

「産みたくなきゃ産まなきゃいい」

といった過激発言があった下重暁子さんですが、

実はただの過激発言ではなく、発言の裏側には

女らしさを求める男社会への反逆らしいのです!

さらにその反逆魂に火を付けた方というのが

今年なくなった女優さんの「野際陽子」さんだった!

ということが話題になっています!

単なる過激発言ではなく、「女はこうであるべき」

といった男女差別とでも取れる昔の「常識」に

囚われてる人を救いたいという強い気持ちで

この発言をしたのではないかと考えられます。

確かに今現在でも「男女差別」というのは

起こっておりますし、主夫であったり、

女性が結婚せず独身で生きていく!

ということに対して世間からはあまり

いい印象は受けてはいませんね。

しかし僕自身もそれは本人の自由

だと思いますので、他人の自由に

対して過剰にとやかく指摘するのは

どうなのかな?と思いますね。

指摘するのはいいですが、度を過ぎた

指摘は本人の考え方、生き方を否定するという

酷いことになってしまいますので、

本人がそれでいいなら僕はいいと思います!

「25歳までには結婚しろ!」

とかいう言葉とかも結構聞きますが、根拠が

ありませんよね?

25歳までに結婚しなかったらなんでダメなの?

って僕も思いますもん。

僕は2018年で25歳になりますが、結婚願望なんて

今のところ全くありませんし、彼女を作る予定

というのもありません。

焦った故に結婚して離婚するというケースも

増えてきているので、気軽に結婚なんて

僕は残念ですができません。

それが僕の自由であり、その自由に対して

咎めてくる人というのが多くいれば、

ちょっと僕も辛いなと感じました。

なので下重暁子さんの考え方は

僕はとても大好きですし、この発言は

僕は過激発言とはいえず、的を得ている

発言だと感じました。

下重暁子さんが子供を産むことに疑問を

抱いているのは自由というのを楽しみたく、

子供を産まなきゃいけないという法律がない

のであれば、子供を産まず、自分のやりたいことに

熱中して楽しく生活していきたいからでは

ないでしょうか?

確かに子供を産むというと自由というのは

大変制限されますし、子供に費やす時間と

仕事に費やす時間を合わせれば自由な時間

というのはなかなかやってきません。

こういう自由な生活も僕自身は

十分にアリだと感じました。

下重暁子さんは出産しているのか?

このような発言をしたということは

もしかして子供いないのでは?

と思う方もいるかもしれませんので、

下重暁子さんの出産についても調べてきました。

下重暁子さんは実は結婚されていて、旦那さんも

いるということですが、下重暁子さんは、

それぞれの自由を楽しみたいということから、

部屋を別にしたりして暮らしています。

その考え方に旦那さんも賛同し、お互いで

それぞれの自由を楽しみながら生活しています。

やはり、結婚するということはその後の人生

長く付き合っていくわけですから、自分の価値観を

共有している人でないと衝突が起こります。

下重暁子さんの旦那さんは、下重暁子さんの考え方を

理解し、行動してくれている、とても素晴らしい旦那さん

だと思います。

僕も将来は僕の中の価値観や考え方、仕事について理解し、

受け入れてくれる方と

お付き合いや結婚したいと思っています。

そして肝心のお子さんが生まれたというニュースは

まだ聞いていません。

その情報が出回ってないか、本当に出産していないかの

二種類ですが、おそらく本人の自由を尊重とした考え方から、

多分出産はしていないのではないかと思います。

男性だろうが女性だろうがそれぞれの自由があります。

その自分が自由という素晴らしさをみんなに伝えていく

ためには、自分が自由で生活してきたということを

体験しないとダメだと感じたから出産を選択しなかった

ということかもしれませんね!

まとめ

今回は過激発言で話題になっている

下重暁子さんのことを記事にしました。

真相を見る限り、過激発言でもなんでもなく、

的を得ていた根拠のある貴重な発言だと

僕は感じました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする