スマートスピーカーはどこで購入できる?価格や機能や使い道は?

今回はニュース等で最近取り上げられているスマートスピーカーについて記事にしていきたいと思います。

スマートスピーカーというのはLINEやグーグルやamazonなどから発売されていて、音楽を効いたりニュースを聞いたり質問に答える機能があり、ラジオ以上に便利な商品です。

そこで今回はスマートスピーカーはどこで購入できるのか、スマートスピーカーの価格はいくらか、スマートスピーカーの機能や使い道はどのような感じなのかについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スマートスピーカーはどこで購入できる?価格は?

まずはじめにスマートスピーカーはどこで購入できるのかについてまとめていきたいと思います。

スマートスピーカーの購入できる先ですが、一応電気屋(ヤマダ電機、ビッグカメラ、ケーズデンキ)等でも売っているらしいのですが、Amazonや楽天という通販でも売っているため、購入自体は手軽にできちゃいます!

ですので、スマートスピーカーの購入を検討されている方は、一度電気屋へ行って実物を見て確かめたり、Amazonや楽天でデザインを選び、注文してみるのもいいかもしれません!

ちなみスマートスピーカーの価格なのですが、Amazonが発売している「Amazon Echo」は本体価格11190円、Googleが発売している「Google Home」は本体価格15120円、LINEが発売している「clova WAVE」は本体価格14000円となっております!

値段的にはとりあえずAmazon Echoを買うのがベストかもしれませんね!

スマートスピーカーの機能は?

先程はスマートスピーカーはどこで買えるのか、スマートスピーカーの価格についてまとめてきましたが、ここではスマートスピーカーの機能についてまとめていきたいと思います。

通常の読み取り、質問に解答、読み上げの他に、それぞれのスマートスピーカーにて利点があります!

AmazonEchoだとAmazonプライム連携や、タクシーを呼んだり等の機能が使えます。

cloveWAVEだとLINEの送信や読み上げの他、赤外線による家電の操作が可能になります。

GoogleHomeではYoutubeなどの動画再生や、渋滞や天気などの情報掲示、その他外部サービスが豊富に使えるらしいのです!

ですのでビジネス等で外に出歩く方の多い方はAmazonEcho家事や子育てをしている主婦さん等はcloveWAVE僕みたいに情報がたくさん欲しいし外部サービスを使いたい方はGoogleHomeがオススメです!

ちなみに僕は買うとしたらGoogleHomeだと思います(笑)

スマートスピーカーの具体的な使い道は?

ここまではスマートスピーカーがどこで買えるのか、スマートスピーカーの価格やスマートスピーカーの機能についてまとめてきましたが、ここではスマートスピーカーの具体的な使い道についてまとめていきたいと思います。

Clovaのライン活用法は、まず「クローバー」と話しかけて、ライン送ってと話しかけて、伝えたいメッセージを話すと誤変換することなく送信されます!

例えば「今日は講習を受けに行く」と伝えたいのに「今日は公衆を受けに行く」とならないという優れものです!

AmazonEchoの場合ですと、声だけで買い物ができるので、例えば「アレクサ、コカコーラ買って」といったら「コカ・コーラで検索した所コカ・コーラ缶350ml24個入りが見つかりました、購入しますか?」と聞かれるので、はいと答えれば注文完了だそうです!

そしてGoogleHomeなのですが、音声認識に優れており、誰が発声した声なのかを見破ることができるそうです!

例えば「僕のスマホ鳴らして」と言えば、声で誰だかわかり、持ち主のスマホを大音量で鳴らし、どこにあるのか教えてくれるという優れものです!

さらに大和ハウスはGoogleHomeを使った家の提案を開始したらしく、言葉を喋れば家具が勝手に動き、準備をしてくれるという、ドラえもんでいう「ロボットの家」みたいな感じになります!

このGoogleHomeを使った家は本当に画期的で、日本の未来ががらりと変わるいいシステムだと思います!

まあ便利になりすぎて、人が動かなくなってしまうのも問題ですが(笑)

まとめ

今回はスマートスピーカーはどこで買えるのか、スマートスピーカーの価格や機能、最後にスマートスピーカーの使い道についてまとめました。

スマートスピーカーは電気屋や通販サイトに普通に売っていることがわかり、それぞれのスマートスピーカーに魅力的な機能がついていることがわかりました。

皆さんもこの際にスマートスピーカー購入を検討してはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする