スーパーブルーブラッドムーン日本の方角や時間はいつ?次回は?

ここではスーパーブルーブラッドムーンの日本の方角や、時間はいつなのか、そして次回のスーパーブルーブラッドムーンはいつごろなのかについて予想も踏まえてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スーパーブルーブラッドムーンの日本の方角や時間はいつ?

どうせスーパーブルーブラッドムーンを見るのであれば、やはり動画や画像ではなく、直接肉眼で見てみたいですよね!?

ですのでここではスーパーブルーブラッドムーンの日本の方角や、時間はいつごろなのかについてまとめていきたいと思います。

スーパーブルーブラッドムーンの見れる日本の方角なのですが、2018年1月31日の東~南の空で見られるということらしいのです!

ですので、2018年の1月31日の夜は東~南の空に注目して、150年に1度の感動を味わってみましょう!

きっと素晴らしいこと間違いなしだと思いますよ!(笑)

そして、気になるスーパーブルーブラッドムーンの見れる時間帯なのですが、おそらく2018年の1月31日の夜20:00~深夜4:00ぐらいまで見れるかと思います(通常の月の出方であれば)

しかし、観測のピークの時間帯は2018年1月31日の夜22:00~23:00の間が一番ピークだと言われていますので、この時間になる前に余裕を持って、カメラや動画の準備に徹底しましょう!

とはいえ2018年1月31日の天気の問題もありますよね?

いくら150年に1度の体験とはいえ、1月31日が雨になってしまえばもう大惨事です。

ですので、2018年1月31日の天気をここにはまとめますが、

2018年1月29日現在、鹿児島と沖縄では雨マークが表示されています。

他の県でも曇りマークがついており、見える可能性が高いのは青森から東京にかけての範囲であるといえます。

ホンマに空気よめや!って言いたくなる天気ですよね。

皆さんも雨が振ったり、月が隠れたりしないように今のうちに祈っておきましょう。

決して「雨乞い」なんてしてはいけませんよ!

スーパーブルーブラッドムーンの次回はあるのか?

仮にスーパーブルーブラッドムーンが見れなかったor雲に隠れてしまったということになってしまった場合、スーパーブルーブラッドムーンは次回はいつなのかも気になるかと思います。

ここでスーパーブルーブラッドムーンの次回の予想なのですが、このスーパーブルーブラッドムーンは先程も書いたとおり150年に1度しか見れない現象です。

ですので、次回のスーパーブルーブラッドムーンはおそらくまた150年後になってしまうかと思います。

1世紀も挟んでしまうこの現象、どうしても動画や画像ではなく肉眼でみたいですよね。

ですので、曇になってると諦めるのではなく、絶対にスーパーブルーブラッドムーンは目の前に現れてくれるであろうことを信じ続けて2018年1月31日の夜は張り付いておきましょう!

また、BrotherEarthというサイトでは、2018年1月31日の20時頃から、リアルタイムでスーパーブルーブラッドムーンの配信がされます!

ですので沖縄や鹿児島の方はもし雨が降ってしまっても、BrotherEarthというページにて肉眼ではありませんがスーパーブルーブラッドムーンを鑑賞することができますのでお忘れなく!

まとめ

オリンピックもびっくりの150年に1回の素晴らしい現象。

満月の現象が1度に3つ重なるスーパーブルーブラッドムーン。

いつもより美しく大きく輝き、2度めの満月は血に染まっている。

私たちは雨に恐れている、ああ・・・雨よ降るな降るな!!!!

この現象が雨によって妨げられた場合、僕は雨を一生恨むかと思います(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする