スシローの悲劇!ネタが動いてた理由や原因はなぜ?生きてるの?

今回は衝撃的なニュースを記事にしていきたいと思います。

なんとツイッターにて今話題らしいのですが、回転寿司の有名チェーン店、スシローにて、お寿司の上のネタ(ホッキ貝)が動いていたという事実なのです!

この「スシローの悲劇」という問題についてなんでネタが動いてたの?理由や原因はなぜ?もしかして生きてるの!?って思った方も少なくはありません!

それについて詳しくまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スシローの悲劇の動画!

それではまずスシローの悲劇の動画についてここではまとめていきたいと思うわけなのですが、ネタのホッキ貝が本当に生きているのかのごとく動いてるので、一応グロ注意で!(笑)

とこのようになっておりますが、動画でも分かる通り、寿司のネタのホッキ貝がゆっくりと動いてるのがわかりますね!(笑)

生きているのかどうか不思議なのですが、このようなことを店員さんが行うとは思いませんし、気づくはずです。

ですので、このようにスシローの悲劇のように、ネタであるホッキ貝が動いてる理由や原因について調べてまいりました!

スシローのネタ(ホッキ貝)が動いてた理由や原因について!

ではここではスシローのネタであるホッキ貝がこのように動いてた理由や原因について、まとめていきたいと思います。

ツイッターの情報によりますと、どうやらネタであるホッキ貝が動いてる理由は生きてるのではなく、脊椎反射ということらしいのです!

まあ簡単に言いますと、この貝はネタになった時も細胞自体は生きていて、原因としては温度や箸に反射的に反応してしまって動いてるということなのでしょうか?

生きているわけではないと書いてありましたが、細胞は生きているということは生きているということ・・・?あ~~~~よくわかりません(笑)

つまり脊椎反射というのは我々人間もよく起こりますね、例えばやかんを触った時、アチっ!って感じですぐ手を引いてしまう行為!

これがどうやら脊椎反射ということらしいのです!

にしても貝は無脊椎動物のはずなのに脊椎反射してしまうのですね、どうも謎が深い生き物だと思います。

しかし、更なる情報が!

だそうです!、ネタが動く理由はホッキ貝や赤貝などの貝は組織が生きているそうで、醤油をかけたり刺激を与えると、身が収縮して動くそうです!

したがって、脊椎反射というのは間違いだそうで、組織が生きていることが理由や原因だったそうなんですね!

さらに鮮度がいい証拠らしいので、非常に美味しいホッキ貝が楽しめるということらしいですね!

この生きてるホッキ貝って食べれるの?

さてここではこのスシローの悲劇にて動いてる、細胞が生きてる状態で提供されたホッキ貝なのですが、このホッキ貝って食べれるのでしょうか?

とのことです!いやはや勇者だと筆者は思います(笑)

僕であれば生きてる状態で動いてるホッキ貝が出てきた場合ですと、すぐに店員さんをよんでしまいます(笑)

ちなみに食べた後特に身体に異変はないそうですので、食べても問題はないかと思います。

このような事がまた起きるのかどうかわかりませんが、僕的には動いてるor生きてるかもしれないネタが提供された場合、即店員さんを呼ぶことをオススメします!

生物の食あたりは恐ろしいですからね。

まとめ

スシローの悲劇とは非常にいきのいいネタ、ホッキ貝のことだった!

なんとこの貝動いてるぞっ!?、生きてるのか!?

どうやら脊椎反射らしい、細胞は生きてるらしいので、厳密には・・・生きてる(笑)

食べても問題は無いらしいが、念のために店員さんを呼ぶことをオススメします!(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする