台風21号(2018)の大阪や京都の上陸はいつ?被害や津波の予想も!

今回は2018年の9月4日に直撃するであろう2018年度の最強の台風とも言われている、台風21号の記事を書きます。

正直いって、この台風21号の強さはヤバイです、上陸する範囲も大きく、関西から東北まで、多大な被害が想定されます。

それだけではなく、台風21号の影響で、津波(高潮)が発生したりだとかという心配もありますよね。

ですので今回は2018年最強の台風21号は大阪や京都にいつ上陸するのかと、上陸したときの被害や津波の予想を筆者がしてみます。

大阪や京都だけでなく、台風21号の影響でライブの公演が延期になったり中止になったりと、台風21号の被害はかなり大きいです。

ゆずライブ2018山梨の振替公演はいつ?チケットの払い戻し方法も

矢沢永吉ライブ2018名古屋の振替公演はいつ?払い戻しの方法は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2018年台風21号が大阪や京都に上陸するのはいつ?

さてまずはじめに2018年の9月4日に関西方面に直撃する最強の台風21号は具体的にいつ頃に大阪や京都に上陸するのでしょうか?

というのも、今回の台風21号は特に被害が大きいのが関西方面で、特に大阪や京都といった、人口の多い場所は直撃したら大変ですよね?

ですので、前もって台風の進路やいつ上陸するのかについて把握しておくことで、いざ台風21号が来たとしても冷静な判断でやり過ごすことができるのです。

台風21号が2018年9月4日に大阪に上陸するのはtenki.jpによりますと、9月4日の昼頃に上陸します。

もっと具体的に時間を説明いたしますと、9月の4日朝9時に四国に上陸します、その後お昼に大阪に上陸する時間を逆算しますと・・・大体4日の昼13~15時頃あたりに上陸するのではないでしょうか。

お昼どきという一番人が込むであろう時間帯に台風21号が直撃するので、その時間帯に大阪にいる方は非常に混乱しますよね。

また、大阪に接している京都もおそらく13~15時の間に上陸するであろうと筆者は予想しています。

2018年の台風21号の被害や津波の予想!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さて次は2018年9月4日に上陸する台風21号の被害や津波(高潮)の予想をしてみましょう。

台風21号は2018年の台風の中でも最強と言われているほど強く、冒頭にも書きましたがライブが中止になったり延期になったりもしています。

それではまず2018年の台風21号の強さや特徴から見ていきましょう。

HUFFPOSTの情報で見ますと、2018年の台風21号の強さは階級が「猛烈な」という文字で、この強さは時間に換算して25年ぶりだそうです。

最大風速は1秒間に55m、最大瞬間風速になると1秒間になんと75mということになっています。

これだけ強い風が吹くということは、海際に住んでいる人は津波(高潮)に注意が必要ですし、これだけ強い風が吹くということは農家の方は作物がダメになったりだとかという被害が多発するであろうと予想します。

それだけではなく、強い風と雨によって漏電ブレーカーが上がってしまい、電気の供給ができなくなってしまうという非常に大変な被害も予想できます。

1度筆者も台風の影響で漏電ブレーカーが上がったことがあるのですが、台風が過ぎ去るまで電気を使うことができませんでした。

それだけではなく、台風21号の風の強さの影響で、看板や木が飛ばされて体に衝突したり、傘が飛ばされて転んでしまったり、車やバイクが風にあおられて大事故を起こしたりと、予想できる被害はかなり多いです。

また雨がたくさん降るということは水災害も起こり、畑がぬかるみになってしまったりだとか、川の水が溢れてしまったりだとかも考えられます。

結論を言いますと、今回の台風21号の被害はかなりのもので、色々な被害を予想することが容易にできるぐらい、強い台風です。

まとめ

毎度毎度台風台風と非常に腹立たしいのですが、2018年の台風21号の強さは25年ぶりに強力な台風がきます。

台風の強さの階級が「猛烈な」となっているとおり、被害の予想は簡単に色々思いつき、風の影響で津波(高潮)が発生したりもしそうですね。

また、風の影響で大事故が起こったりとか、木や看板が吹っ飛んだりだとか、そういう人体に影響が起きるレベルの予想もありえます。

自分の命を守るのは自分ですので、無理な外出は控えましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする