台風24号(2018)の福岡の上陸はいつ?飛行機の影響や被害予想も!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さて今回も2018年に上陸する2度目の大型台風、台風24号のことをまとめていきます。

台風24号がそろそろ沖縄に上陸するというところまできているのですが、果たして福岡のほうは大丈夫なのでしょうか?

特に福岡の方は飛行機に影響があるのではないかとか、福岡に台風24号が上陸するのはいつなのかということが気になるかと思われますし、被害予想はどれくらいなのかもまとめてみます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

台風24号(2018)が福岡に上陸するのはいつ?

さてまずはじめに台風24号が2018年に福岡に上陸するのはいつになるのかについて解説していきます。

それではまずtenki.jpの情報から見てみましょう!

tenki.jpの情報を見るとおりですと、9月29日の夜には沖縄を通過し、30日の朝になるとちょうど九州地方に上陸します、おそらく福岡ですと、30日の正午12時が一番ピークなのではないでしょうか。

日曜日のお昼どきという一番のお出かけ日よりの時に台風24号が福岡に上陸するわけですから、主婦さんやフリーライターの方は非常に大変な思いしますよね。

それ以外にも、休日だし出かけようか~と癒しを求めている社会人の貴重な休日を台無しにしてしまいますし、台風がお昼に来るということは、それだけ時間が潰されてしまいますよね。

ですので、今回の台風24号の福岡の上陸について、福岡に住んでいる方は9月30日の正午12時あたりの外出は控えたほうが身の為ですね。

台風24号の影響で飛行機はどうなる?被害予想も!

さて次は台風24号の影響によって飛行機はどうなるのか、被害予想というのをここではしていきます。

台風24号で空港で飛行機が運休になってしまうのだとか、1日飛行機が出ないということになってしまうのではないかと心配になりますよね。

ちょうど日曜日ですので、福岡へ帰省する人や、福岡から帰省する人にとっては飛行機の運休というのは非常に大きい影響を与えます。

前回の台風21号では、ANA、JALともにどちらも台風21号の影響で運航見直しだったりだとか、離陸の遅延だったりとかそのような影響もありましたので、今回の台風24号で飛行機の影響というのはあるものだと思っています。

何しろ台風24号の風の強さはトラックが横転するほどの強さの風なわけですから、そのような風の状況に飛行機を離陸させるのは余りにも危険です。

また、ANAのSKYWEBの情報によりますと、既に台風24号の影響で福岡の飛行機の始発便、最終便全てにおいて影響があると発表されており、同じようにJALも台風24号の影響があるとみて間違いないでしょう。

前回の台風21号の福岡の被害は3人が命を落としてしまうといった大きな被害が発生したり、安倍首相が福岡に行くのを取りやめたりするなどといった被害が発生しました。

今回の台風24号でも、同じように飛行機だけではなく、乗用車やタクシーといった車がハンドルを取られて大きな被害が発生したり、看板や木が飛んできて二次災害に巻き込まれたりといった状況も発生する可能性はあります。

ですので、福岡に住んでいる方、30日の正午12時付近は厳重な警戒で過ごされることをおすすめします!

まとめ

台風24号はこのとおり、非常に強い風の強さですので、福岡の飛行機だけではなく、いろいろな空港の飛行機が被害に起きうる可能性というのは十分にありえます。

実際にもうすでにANAは台風24号によって運航の見直しが発生するかもしれないということを公式ページにて発表しています。

福岡に台風24号が上陸するのはいつ?といった質問の答えは、2018年9月30日の正午12時付近が最も可能性が高いということを伝えておきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする