台風24号(2018)の東京の上陸はいつ?交通の影響や被害予想も!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さて今回もまた2018年の9月に発生した2回目の大型台風、台風24号についての記事を書いていきます。

2018年の9月に台風24号という2度目の大型台風が発生しましたが、東京の上陸はいつになるのかについてまとめていきたいと思います。

やはり東京は人口密度が高い街ですので、交通に影響が出たりするのか、台風24号の東京に対する被害予想もしてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

台風24号(2018)の東京の上陸はいつ?

ではまずはじめに2018年9月にくる台風24号の東京の上陸はいつになるのでしょうか、解説していきたいと思います。

まず最初にtenki.jpの台風24号の情報によりますと、台風24号が東京に上陸するのは2018年10月1日の午前あたりでしょう。

台風24号のtenki.jpによる情報の経路予想ですと、30日の夜21時頃には関西や大阪に上陸している最中です。

台風24号(2018)の大阪の上陸はいつ?USJの影響や被害予想も!

その後、10月1日の朝に一気に関東や東京に進み、朝が一番ピークだということで、10月1日は週初め、月曜日ですから、仕事に行く際に交通に乱れが出る恐れや、電車が止まってしまうという最悪な事態も想定されます。

ということは会社に出社できない、会社に遅刻してしまう可能性が非常に高いなどということも想定されますし、会社に徒歩で通勤される方は二次災害に巻き込まれる最悪なケースになることも十分にありえますよね。

ですので、10月1日の朝は東京に住んでいる方は要注意ということを伝えておきます。

台風24号(2018)で交通の影響は?被害予想も!

さて次は台風24号の影響によって交通の便が乱れてしまったりだとか、電車が止まってしまうといった被害予想をしていきます。

まず前回の台風21号で交通の影響はどのような感じだったのでしょうか?

産経ニュースの情報によりますと、電車が運休になることが珍しいと言われているJR東日本でさえ、台風21号の影響によって、1本の線が運休になるという非常事態が発生し、その後の台風の影響や被害によって運休の範囲を拡大していくという万全な警戒態勢でした。

また地下の線の東京メトロにおきましては地下だからといって油断はできないということで東京メトロも万全な警戒態勢を取っていました。

台風24号の風の強さなのですが、tenki.jpの情報によりますと、トラックが横転するほどの強さの風が吹きます。

ということは、風や雨の影響を受けやすい電車の運行は極めて危険ということがわかりますし、台風24号の影響によって交通が乱れ、運休になってしまうケースだってあります。

また交通の乱れは電車だけではなく、タクシーや乗用車といった交通も非常に乱れます。

風の影響を受けやすいワゴン車なんか典型的で、いつハンドルを取られるかと思うといつもよりスピードは控えめに出さないと非常に危険なわけです。

ですので、台風24号の影響で朝の交通が乱れてしまうということは非常にパニックになるということです。

ちなみにウェザーニュースの情報によりますと、台風21号がもし東京に直撃していたなら、羽田空港は浸水していたのではないかと予想されており、もしそれが本当だったら大被害ですよね。

台風24号が東京に上陸したら重大な被害が発生するであろう可能性は十分に考えられるということです。

まとめ

台風24号が東京に上陸するのは最も最悪な時間帯と曜日である月曜日の朝ということです。(2018年10月1日)

この時間帯は通勤ラッシュの真っ最中ですので、いつも以上にパニックに陥ってしまうケースもあり、台風21号が接近してきたときのように、電車の線が1本運休になってしまうかそれ以上のケースもありえます。

また、台風21号がもし東京に直撃していたのであれば羽田空港は浸水していたという衝撃的な予想もありましたので、台風24号には注意が必要です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする