台風24号(2018)の沖縄の上陸はいつ?津波の影響や被害予想も!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さて2018年にまた台風24号が発生したというニュースについて、沖縄の上陸にいつなのかについて記事を書いていきます。

なんていうか、2018年は台風が非常に多くて、すごい腹たちますよね、いい加減にして欲しいとすら思ってます。

その他、沖縄の上陸した際の津波の影響や、被害予想はどうなるのかについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

台風24号(2018)の沖縄の上陸はいつ?

さてまずはじめに台風24号は2018年に沖縄に上陸するのはいつになるのかについてまとめていきたいと思います。

tenki.jpの情報によりますと、台風24号の強さは非常に強く、かなりの被害になると言われています。

さらに沖縄に直撃し、多大な被害をもたらすであろうと予想されていますので、台風24号が2018年のいつに沖縄に上陸するのかが気になるかと思います。

台風24号がいつ沖縄に上陸するのかといいますと、tenki.jpの情報からまとめますと、28日金曜日の夜から29日の土曜日の間に台風24号が上陸するという情報になっています。

特に29日の土曜日は沖縄に住んでいる方は台風24号の影響を非常に強く受ける日でありますので、お出かけは自粛し、家の中で待機することをおすすめします。

自分の命を守るのは自分ですから、沖縄に住まれている方は28日と29日の外出はなるべく自粛するように!

台風24号(2018)での沖縄の津波や被害予想は?

さて最後に台風24号が2018年に沖縄に上陸したとき、津波や被害予想はどうなるのかについてまとめていきます。

今回の台風24号も風の強さが非常に強く、tenki.jpの予想ではトラックが横転するほどの強い風が吹くとされています。

そんな強い風が吹くということは当然津波も起きてしまう可能性は非常に高いですし、特に沖縄は海に面している地域が非常に多いですので、海沿いの方は津波にも注意する必要があります。

また、被害予想なのですが、先ほどトラックが横転するほどの強い風が吹くという情報を書きましたが、それぐらい強い風が吹くということは津波だけではなく、例えば木が倒れて人に激突してしまうといったことも起きる可能性があります。

また、木だけではなく、店の看板が吹っ飛んだり、屋根の瓦が風と雨によって剥がれ落ちたりし、二次災害が発生する可能性も高いなど、台風24号の被害もかなり大きそうです。

沖縄の特産であるさとうきび畑を持っている人は、さとうきびが風によってなぎ倒れたりするなど、農家をやっている方にも大きなダメージや被害があると想定します。

台風21号を防ぎ切った矢先に台風24号ですから、沖縄に住んでいる方は怒りや憤りがかなりのものであるでしょうね。

9月中に2度も大型の台風が襲うという2018年は本当に厄年なのではないかと筆者は思っています。

まとめ

2018年の台風24号が沖縄に上陸するのはtenki.jpの予想でいくと28日の夜から29日にかけて沖縄に上陸するということでした。

ピークなのはおそらく29日の朝~昼の間が沖縄が一番被害を受けるであろう時間帯ではないかと予想しています。

また今回の台風24号はトラックが横転するほどに強い風が吹くということで、沖縄に住んでいる方は津波の被害などにも注意する必要がありますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする