台湾のコマ回しの達人達が三峡老街にいる!?詳しく調査してみた!

今回は最近話題の台湾のコマ回しの達人たち

三峽定點陀螺隊について記事にしたいと思います!

難しい漢字の羅列で読み方がまだ解明

されてはいませんが、

この方達の行っているコマの芸が

神業的で文字にするだけでも凄いと思ったので

調べ上げてきました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

三峽定點陀螺隊とは?

出典:NAVER まとめ

三峽定點陀螺隊(読み方不明)とは、

台湾にある小さな町「三峡老街」に住んでいる

コマの達人たちのことなんです!

コマといえばお正月に回したり

小学校の時に遊んだりしたことありますよね!

ベーゴマ等で小学校のときに

遊んだ方は多いと思います!

見た目は本当にごく普通のおじさん、おじいさん達

なのですがコマに対する技が凄まじく、

検索すれば彼らのフェイスブックが出てきます!

三峡老街と書いて さんきょうろうがい と

読みがちですが、 サンシャーラオジェと読みます!

僕も少し動画を見ましたが、台湾に行って

達人たちの芸を生で見てみたい!

思ってしまいました(笑)

コマ達人の凄すぎる技!

出典:NAVER まとめ

コマの達人の技は本当にすごく、

神業的なわけですが、技の種類が多いので、

1つ1つ丁寧に書いていこうと思います!

・どんな場所、どんなに離れていても、

狙った場所に小さな台の上にコマを

回しながら投げ、乗せることができます!

ちなみに大の大きさは目視の状態で

直径7センチほどしかありません・・・

・台の場所は様々ですが、例えば人の

ヘルメットの上に乗せてある台の上

達人がコマを投げ、乗せることができます!

当然コマも回っております!

・達人たち3人が息を合わせ

同時に投げて回しながらコマを乗せます!

達人たちのピッタリな息合わせも

神業の一種だと言えますよね!?

100円玉よりも小さいくらいの穴に、

コマの軸を小さい穴に回しながら投げ、

コマの軸を100円玉よりも

小さいくらいの穴に入れることができる!

しかもこの状態で回ってるもんですから

もう神業で、言葉がでない芸ですね!

・コマ名人のトップクラスであるおじいさんが、

人の体の5分の1ぐらいの大きさ

超巨大なコマを操るかのごとく、

いとも簡単に回しています!

コマというのは大きくなれば

大きくなるほど力が必要ですので、

回す難易度は難しくなっていくのが普通です。

しかしこのトップクラスのおじいさんは

いとも簡単に回しているように見えるのが

素晴らしい所ですよね!

・コマを手の甲に乗せ、とても細い糸の上

に置き、綱渡りをさせます!

もちろん成功しますし、回ってる状態で

綱渡りをするわけですから、

やはり達人というだけはありますね!

・コマは必ずしも普通に回すだけではなく、

上下逆さまにして回すこともできます!

どういうことかといいますと、

コマというのは軸が長いほうが下で

軸が短いほうが上というのが一般出来ですね。

しかし達人たちは軸が短い方を下にしても

回すことができるわけです!

動画も用意しておきました!

本当に簡単に見入ることになりますので、

すぐに9分は経ってしまうと思います!

やはり個人的にはこのような神業を

動画だけではなく実際に見てみたいと思いました!

三峡老街の美味しいパン!

三峡老街にはコマの達人たちだけではなく、

康喜軒金牛角という名のお店のパンが

美味しいということで評判があります!

口コミをある程度調べてみたのですが、

硬めのパンではあるが味がパター風味

しっかり味付けされており、美味しく、

おみやげにも最適!

といったコメントや、

クッキーのような食感で美味しい!

といったコメントがあるだけではなく、

評価も高かったため人気の高いパン屋さんです!

三峡老街に行く目的がコマの達人だけではなく、

美味しく人気のパン屋さんがあるということで、

僕の中では三峡老街の魅力が更に増えました!

コマの達人を目的で見に行く方も、

このお店にも行ってみてはいかがでしょうか!?

まとめ

今回は台湾の三峡老街に住む達人たち

のことを記事にしました。

何故パン屋さんのことも一緒に書いたか

といいますと、僕の記事を見てくれて

三峡老街に行ってみようかな?

って思ってくれた方が

三峡老街に行く!

と変わってくれるために

三峡老街の魅力を少しでも多く伝えたい!

と思ってパン屋さんも紹介いたしました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする