高橋洸の戦力外通告前の成績って?大怪我の病名や今後の活躍は?

今回は巨人で活躍していて戦力外通告を受けた高橋洸選手に対する記事を書いていきたいと思います。

会社や企業だけではなく、プロの世界でも解雇というのは存在しており、結果を出すことができなければ解雇されてしまうため、非常に厳しい世界なのです。

そこで高橋洸選手の戦力外通告を受ける前の成績高橋洸選手が過去に受けた大怪我の病名や詳細、そして高橋洸選手は今後の活躍もあるのかということをまとめていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高橋洸が戦力外通告を受けるまでの巨人の成績

出典:NAVER まとめ

ここでは高橋洸選手が戦力外通告を受けるまでの巨人の成績というのをまとめていきたいと思います。

高橋洸選手の巨人の成績なのですが、シーズンごとの打率を見ると.201打率という下から2番目ぐらいの低い成績で、安打数、出塁数のパーセンテージも結構低く、活躍はあまりできていなかった成績でした。

それだけではなく、プロに入ってから高橋洸選手は怪我に苦しみ、本格的に野球を楽しめていなかったみたいです。

しかもこの打率は3軍の打率で、2軍よりも下の層のチームであり、そのチームでもあまり活躍ができなかったということから、今回戦力外通告を受けたのではないかと考えられます。

大怪我も経験して真面目に頑張ろうと意気込んだのですが、このような結果になってしまって悲しい限りですね。

高橋洸の大怪我の病名や詳細

先程は高橋洸選手の戦力外通告を受けるまでの巨人の成績をまとめてきましたが、ここでは高橋洸選手が受けた大怪我の病名や詳細についてまとめていきたいと思います。

高橋洸選手の大怪我の病名なのですが、左膝の膝前十字靭帯損傷(ひざまえじゅうじじんたいそんしょう)という病名らしいのです。

膝前十字靭帯損傷は一度この大怪我を発生してしまうと、手術以外ではまともに治らず、靭帯の再建手術が必要という、恐ろしい怪我なのです。

ですのでスポーツ選手がこの怪我を起こしてしまうと、スポーツができなくなるだけでなく、長い期間リハビリをしなければなりません。

ちなみにスポーツ復帰なのですが、個人差にもよりますが、この怪我を発生させてから手術後6~9ヶ月で復帰できるということですね。

ということは、この怪我を起こしてしまった選手は復帰までに早くても半年かかるという非常に長い時間かけてしまうのです。

ですのでスポーツ選手だけではなく、スポーツが趣味な方もこの大怪我には気をつけなければなりません!

高橋洸の今後の活躍

出典:NAVER まとめ

これまでは高橋洸選手の戦力外通告を受ける前の巨人での成績や、高橋洸選手が起こした大怪我の病名をまとめてきましたが、ここでは高橋洸選手の今後の活躍についてまとめていきます。

高橋洸選手はこういった怪我もあり、戦力外通告を受けて今後の活躍は絶望的かもしれませんが、本人は「守るべきものがある」「野球を諦めることを諦めた」と語っているらしく、まだまだ野球に対する思いは完全には消えていません。

ですので、今後は巨人での復帰は厳しいかもしれませんが、野球の復帰はできると思いますので、トライアウトに積極的に参加しながら、再び活躍をしてくれるであろう選手だと思います。

まとめ

今回は高橋洸選手の戦力外通告を受ける前の巨人での成績や、高橋洸選手の大怪我の病名、そして高橋洸選手の今後の活躍についてまとめてきました。

高橋洸選手の今の心境は絶望的だと思いますが、どんな困難にも打ち勝って、念願の野球復帰を果たし、テレビで活躍するような選手になってくれることを願っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする