高山みなみの子供の頃の夢は警察官だった!?

どうも、僕にも警察官になりたかったって思っていた

時期があったゆいやです。

今回は「名探偵コナン」でお馴染みの

高山みなみさんについての記事を書きたい

と思います。

昔から声優になりたかったというわけでは

なかったみたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

警察官になるために腹話術を覚える!

元々警察官になることを目指していて、交通安全指導で腹話術が必要であると思い、中学校時代に劇団ひまわりに入団した。

出典:wikipedia

と書いてある通り、本当は警察官になりたかった

ということだけではなく、交通安全指導で

腹話術が必要と考えて中学生という

早い段階に劇団ひまわりに入団しました。

最初から声優を志望していたというわけでは

なかったみたいですね、

腹話術を使うことによって、子供たちにも

楽しく勉強できるように、努力をしてきた

ということなのでしょうか。

もしそうであれば、小さい頃から

努力家だったってこのかも知れませんね。

劇団ひまわりとは?

砂岡藤三郎により1952年7月に創業された。現在は子息である砂岡不二夫が代表となっている。主に新聞広告や公式サイトでオーディション選考者を募集し、養成所レッスンを経た優秀な者は芸能活動をする。プロとして活躍する劇団出身者が所属する系列の芸能プロダクションとしてブルーシャトル・砂岡事務所がある他、本部内に「シアター代官山」、大阪に「シアターぷらっつ江坂」という劇場を有しており、発表会などが行われる。

出典:wikipedia

と、劇団ひまわりとはこのような業界で、

1952年から始まっている大手の劇団という

ことで、お笑いや劇団が好きな方は聞いたこと

もあるのではないかなと思います。

新聞や広告で応募者を募集して

その後にオーディションして合格した人は

芸能界参入というスタンスでやっているんですね。

高山みなみさんは劇団ひまわりに入団してから

1987年に「学園特撮ヒカリオン」というアニメの

女子生徒役として声優デビューをはじめました。

高山みなみの実績

ヒカリオンでデビューした後、「ミスター味っ子」や、

有名なジブリ映画「魔女の宅急便」の主人公である

キキを担当して、大ブレイクしました。

その後、1993年には「忍たま乱太郎」の主人公

乱太郎の声優を担当し、

1996年には人気アニメである「名探偵コナン」

主人公の江戸川コナン(工藤新一)の声を担当しました。

ちなみにこのどちらの作品も、20年以上続いており、

高山みなみさんから役が変わったことは

一度もありません。

乱太郎も江戸川コナンも、高山みなみさんの声が

しっかりと視聴者に植え付けられており、

高山みなみさんの声は乱太郎の声でもあり

江戸川コナンの声でもあるという

どちらも高山みなみさんの声優の実力の高さ

わかると思います。

幼少の頃は様々な習い事をしていた

幼少の頃よりバレエ・日本舞踊・声楽などを習う。

出典:wikipedia

と書いており、日本舞踊やバレエ・声楽などを

習っていました。

ということで色々な事を勉強していて

知識も豊富なのかなって感じました。

日本舞踊とは、日本の伝統のある踊りであり、

ダンスやヒップホップとは違い激しさよりも、

華麗さや美しさを見せつける、芸術的な

踊りです。

声楽とは、楽器を使わずに、声を使って

悲壮感を伝えたりする芸術の事を言い、

有名な言葉で「オペラ」というのがあり、

これも声楽です。

声優だけではなく、このような芸術にも

足を踏み入れていたのは驚きでした。

まとめ

高山みなみさんは声優で有名で、

名探偵コナンは今もなお続いている

人気アニメです。

高山みなみさんは声優として定着されて

いますが、昔は警察官を目指していたり、

日本の芸術を勉強していたりと

一つ違った一面が見れました。

何かありましたらお問い合わせにお願いします

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする