武井壮は健康サプリメントを採らない!独自の筋トレ方法!

どうも、健康に対する意識を高めたいと

思っているゆいやです。

今回は、テレビで有名な「百獣の王」とのこと

武井壮の健康に対する意識や、

筋肉トレーニングどういうことを目的にしているのか

ということを記事にしたいと思います。

皆さんも参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

健康サプリメントは採らない!

栄養サプリメント類は採らない。これは食物から栄養を吸収する内臓の力も最強に鍛えるためである。

出典:wikipedia

ということがわかりました、栄養サプリメントは

採らないということだけではなく、肉体も

鍛えるために食物をそのまま食べて吸収しながら

健康を意識しているという素晴らしい意識の高さ

だと思います。

栄養サプリメントには頼らず、天然な野菜で

自力で吸収するというやり方でやっています。

それに栄養サプリメントはつい最近全く効果がない

ということが海外の学者が証明しました。

栄養サプリメントの大きさが体に吸収されない

大きさらしく、全然吸収されなかったという

事になってしまいました。

パーフェクトボディコントロールとは!?

己の身体を自身の思い通りに操ることを目的とする「パーフェクトボディコントロール」という独自のスポーツ理論でのトレーニングを提唱・実践している。

出典:wikipedia

ということで、独自のスポーツ理論での

「己の身体を自身の思い通りに操ること」

目的の筋肉トレーニングということで、

その目的に達成するために日々筋トレと

健康に対する意識は欠かしていない

のかなと思っています。

筋肉トレーニングは健康のためだけではなく、

筋肉をつけることでアウトドアで役になったり、

体力がつくため夏バテ防止になったりと、

いい事づくしですので、筋肉トレーニングは

やっておいて損のないことでしょう。

元スポーツトレーナーだったこともあり、

その時のノウハウを活かして、独自の

トレーニングをしているということでは

ないのでしょうか。

僕も武井壮さんを見習って、独自の

トレーニングを考えて実行してみようかな

と思っています。

色々なスポーツも経験している

中学では野球、高校ではボクシングに取り組んでいたが、大学時代に短距離走を始め、神戸学院大学3年時に十種競技へ転向する。中央学院大学にスカウトされ、神戸学院大学卒業後に進学。1997年の第81回日本陸上競技選手権大会十種競技において、競技歴2年半で優勝する。100m走ベスト記録の10秒54は2015年まで、十種競技・100mの日本最高記録だった。

出典:wikipedia

ここで分かる通り、中学で野球

高校でボクシング、その後短距離走で

陸上をしていたという3つのスポーツを

経験しているので、スポーツに対する筋トレ等

に対しては詳しいのではないかと思います。

特に陸上では、大学時代から評価、

スカウトされて転校するなど、その頃から

スポーツに対する意識は高かったと思います。

それだけではなく、陸上の大会で1997年には

陸上歴なんと2年半で優勝するという

輝かしい成績を残しています。

それだけではなく、2年半で優勝したタイムが

2015年まで日本最高記録だったという

凄い実績も残しています。

2年半で優勝しただけではなく、そのタイムが

2015年まで日本最高記録ということは

陸上の才能があっただけではなく、

筋肉トレーニング等で自分を磨いてきたから

ではないだろうかと思っています。

こうやって自分を磨くことは大事だと

思いました。

まとめ

今回は「百獣の王」こと武井壮さんの

筋肉トレーニングと健康に対する意識を

記事にしてきました。

健康サプリメントに頼らずに

自分を鍛えてきたため、健康サプリメント

が全く効果がないことを知らなくても、

自分磨きの結果に繋がったということで、

地道の努力は大事ということがわかりました。

何かありましたらお問い合わせにお願いします。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする