竹内択のスキーの実力や成績は?ジャンプ力や平昌五輪の結果も!

さて今回は平昌五輪のスキージャンプに出場される竹内択選手について記事にしていきたいと思います。

竹内択選手は前回のソチオリンピックでも銅メダルを獲得された選手なのですが、難病である血管の病気、「チャーグストラウス症候群」という病気にかかったことを告白しております。

しかし病気と戦いながら今回も平昌五輪で戦うことらしいので、竹内択選手のスキーの実力や成績、そして竹内択選手のジャンプ力、最後に竹内択選手の平昌五輪の成績についてまとめていきたいと思います。

補足記事:平昌オリンピックがU-NEXTで配信決定!登録はこちらから!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

竹内択選手のスキーの実力や成績は?

さてまずはじめに竹内択選手の実力や成績についてまとめていきたいと思います。

竹内択選手はスキージャンプのソチオリンピックにて、ラージヒル団体で銅メダルを獲得しているなど、難病にかかっていてもその病気に負けず結果を残されている等、素晴らしい成績を残しております。

病気なんかに負けず正々堂々と勝負する竹内択選手の実力は非常に高いかと思いますね!

ちなみにラージヒル団体には過去に記事にした伊東大貴選手も参加されており、伊東大貴選手と竹内択選手は目に見えない絆でつながっているのかもしれませんね!

さらに伊東大貴選手と同じく2013年のヴァル・ディ・フィエンメで開催されたノルディックスキー世界選手権において見事金メダルを獲得する等、難病を抱えている選手とは思えないほどの素晴らしい活躍をされていると思います!

竹内択のジャンプ力は?

さてここでは平昌五輪のスキージャンプに出場される竹内択選手のジャンプ力についてまとめていきます。

難病で闘病中である竹内択選手のジャンプ力なのですが、直近のジャンプ力はどのような感じだったのでしょうか?

竹内択選手は産経ニュースの記事によると、2017年の11月26日に、136メートルまでジャンプを伸ばすことができたと語っているらしく、ジャンプ力は非常に高いレベルかと思います!

136メートルのジャンプは、スキージャンプの大会では優勝を狙うことが出来るくらいの素晴らしい成績であり、難病を患っているとは思えないほどのジャンプ力をお持ちですね!

更に産経ニュースによると、2018年の11月25日の団体戦でも非常にレベルの高いジャンプを見せることができたらしく、平昌五輪でメダルを獲得できることも夢ではありません!

このように優勝候補にまで上がる136メートルのジャンプという成績を持っている竹内択選手は平昌五輪で素晴らしい結果を残す可能性は高いですね!

竹内択の平昌五輪での結果は?

さてここでは竹内択選手の平昌五輪での結果についてまとめていきたいと思うのですが、平昌五輪はまだ開催されていませんので、筆者的予想をまとめていきたいと思います。

竹内択選手は確かに難病と闘病しているほど、辛い選手であるといえますが、難病に打ち勝って、136メートルという素晴らしい成績を残すことができました。

さらに、2013年にも金メダルを獲得したり、ソチオリンピックでも団体で銅メダルを獲得するという成績を持っていますので、平昌五輪でもメダルを獲得できる可能性は十分にありえます!

産経ニュースでも「平昌五輪に向けて徐々にあがっていければいいかな」と語っているらしく、もっと上を目指していこうという前向きな姿勢も見られます!

難病と闘病中ということもあり、金メダルは厳しいかもしれませんが、僕としては金メダルをとってほしいとは思います!

病気に打ち勝って、金メダルを取ることができましたら、非常に凄いことだと思いますし、本人も涙を流すほど嬉しいことかと思います!

まさに一種のドラマですので、銅メダル以上、できれば金メダルの獲得を期待しております!

まとめ

竹内択選手は2017年に136メートルという優勝候補にもなり得る素晴らしい成績を残すことに成功しました!

竹内択選手は難病と闘病生活をしているという非常に辛い時期でも、難病に打ち勝って、平昌五輪に向けて前向きな姿勢で挑んでいるということ。

銅メダル以上は可能性が高いが金メダルは厳しいかもしれないということがわかりました。

竹内択選手、平昌五輪で悔いがないように華麗に飛んでいってください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする