鳥インフルが2018年に東京大田区や香川さぬき市で流行?神奈川も

今回は鳥インフルエンザについての記事を書いていきたいと思います。

通常のインフルエンザの何十倍も危険で人にも感染する恐れのある恐ろしいインフルエンザです。

今回は鳥インフルが2018年に東京大田区や香川さぬき市で流行するかもしれないことや、神奈川県にも被害が及ぶおそれがあるということをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鳥インフルが2018年に東京大田区で流行る危険性!

さてここでは鳥インフルが2018年に東京大田区で流行る危険性についてまとめていきたいと思います。

2018年1月10日に発表されたニュースで、1月5日に大田区でオオタカ1羽の亡骸から、遺伝子検査でA型鳥インフルエンザのウィルスが発見されたそうで、野鳥監視重点区域に指定したとのことです。

鳥インフルエンザが東京で発見されたのは今シーズン初ですし、東京という人口の多い所で発生したので流行ったらパニック間違い無しですし、マスクを買い求める人で一杯になるかもしれませんね。

とにかく鳥インフルエンザにかかってしまうと非常にヤバイので、手洗いうがいは徹底してインフルエンザウィルスに感染しないようにしましょう。

鳥インフルは香川県さぬき市でも流行る危険性が!?

先程は鳥インフルが2018年に東京大田区で流行る危険性についてまとめてきましたが、ここでは鳥インフルは香川県さぬき市でも流行る危険性があることをまとめていきたいと思います。

実は香川県さぬき市でも2018年10日でも養鶏場で毒性の高い鳥インフルエンザウィルスが発見されたということらしく、こちらもシーズン始めてということらしいのです。

鳥インフルの影響で、養鶏場の鶏5万1000匹を処分するという恐るべき事態となっております。

香川県さぬき市の鳥インフルエンザウィルスの毒性は非常に高いらしいので、香川県さぬき市に住んでいる方も手洗いうがいの徹底をしておきましょう!

鳥インフルは神奈川県も流行する危険性がある!?

ここまでは鳥インフルは2018年に東京大田区で流行する危険性と、鳥インフルは香川県さぬき市でも流行する危険性があることについてまとめてきましたが、ここでは鳥インフルは神奈川県でも流行る危険性をまとめていきたいと思います。

実は東京大田区で発生した場所は神奈川県に近いため、神奈川県の一部も監視区域になっているらしいのです!

ですので、神奈川県に住んでいる方にも鳥インフルエンザの脅威が迫っているということです。

ここまで鳥インフルエンザウィルスの脅威が迫っている事態は非常に危険な事態ですので、もしかしたら鳥インフルエンザウィルスは発生していないだけで皆さんの地域でも鳥インフルエンザウィルスを持っている鳥は生息しているかもしれません。

まとめ

今回は鳥インフルは2018年に東京大田区で流行る危険性や、鳥インフルは香川県さぬき市でも流行る危険性、最後に鳥インフルエンザは神奈川でも流行る危険性があることについてまとめてきました。

鳥インフルエンザウィルスは今回東京大田区、香川県さぬき市で発生しており今対策を練っている所、そして香川県さぬき市の鳥インフルエンザの毒性は非常に高いことがわかりました。

鳥インフルエンザに感染しないように、手洗いうがいは徹底しておきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする