トリメチルアミン尿症という病気の恐怖!症状や改善法や治療法について調査!

今回は世界仰天ニュースでも取り上げられること

になった「トリメチルアミン尿症」という病気に

ついて解説します。

「拒食症」という病気をこのブログでもちょこちょこ

取り上げていますが、このトリメチルアミン尿症

という病気は気持ちの問題ではどうにもならない

病気なのですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

症状は身体から魚のような匂いがする

その症状はずばり身体から魚のような匂いがするという

とんでもない症状なのです。

しかもしっかり病気のことを理解しないと

その匂いは洗っても落ちず、消臭スプレー

をしても何も変わらないという始末。

逆に消臭スプレーと混ざり合い、悪影響を

及ぼすこともありそうですよね。

その特徴的な症状から「魚臭症候群」とも

呼ばれています。

このような病気というのはガン等とは違い、

身体が痛くなったり、急逝したりだとか、

そういう死へのリスクはありませんが、

自分の体からそのような匂いが発生している

という事実は精神的にとてもつらい状況

だと思います。

僕だったら精神が崩壊しそうですね。

精神が崩壊してしまうリスク

「くさい」という言葉は最も人を傷つけてしまう

言葉ではないかなと思います。

実は「くさい」という言葉のせいで精神的に

参ってしまい、うつ状態になってしまうことも

あるのですね。

「自臭症」という病気があり、この病気は

「くさい」という言葉に過剰に反応しすぎて、

自分が「くさい」と「思い込んでしまう」病気で、

精神病の一種です。

この病気に陥ってしまうと、人と合うことを

怖くなり、「対人恐怖症」ということにも

なってしまい、外に出たくなくなるため、

社会復帰が厳しいものになってしまいます。

匂いというのは指摘したくなる気持ちは

わかりますが、指摘する言い方等も

気をつけなければいけなく、過剰とも取れる

指摘の仕方は相手の人生をめちゃくちゃにしてしまう

可能性があるわけですね。

この「トリメチルアミン尿症」は病気

ということを理解しておかないと、

過剰な指摘と「くさい」という言葉によって

精神に以上をきたすだけでなく、最悪の場合、

自ら命を絶ってしまう事になりかねないので、

「自分には関係がない!」と思う方でも

知っておくべき病名だと思います!

改善法、治療法は?

さて、この「トリメチルアミン尿症」という

病気についてですが、治療法は残念ながら

まだ見つかってはいません。

しかし、症状を抑えたり、大幅に改善する

改善方法というのがあります。

トリメチルアミン尿症というのは、ものを食べた時、

「トリメチルアミン」という物質を発し、この物質が

魚のような匂いを発生しているとされていて、通常の方は

トリメチルアミンが体内で分解されるのですが、

分解できない身体を持つ方がいて、その方の血液にトリメチルアミンが

取り込まれ、全身に回ってしまい、魚のような匂いが

出てしまうというわけなんです。

であるならば、「トリメチルアミン」を発生させにくい

食べ物を普段から口にするという食事療法という方法が

今最も効果が高い改善方法だと言われています。

・トリメチルアミンを発生させやすい食べ物

魚類

豆類

キャベツ

ブロッコリー

マヨネーズ

・トリメチルアミンを発生させにくい食べ物

さつまいも

トマト カボチャ レタス ニンジン

キュウリ セロリ

フルーツ

牛乳

ヨーグルト

チーズ

といった感じで、トリメチルアミンを発生させにくい食べ物を

食べていく生活を送ればこの病気は大分改善できるとのことです!

実際実践した方がいましたが、その方はなんと2年で

「魚のような匂いがなくなった!」

という驚くほど改善していました。

さらにエレベーター等、匂いが気になる

人が多い場所等も克服したのです!

僕達も自分の人生を守るために、

このような病気とこのような改善方法を

知っておきましょう!

まとめ

今回は魚のような匂いがする

トリメチルアミン尿症という病気を

記事にしました。

この魚のような匂いが病気であるか

そうでないかと、改善方法を知っているか

知っていないかを理解しておくだけで、

もし自分がかかってしまった場合、

知っておいたほうが知らない人よりも

何倍も有利です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする