山崎和佳奈は過去はアルバイトしながら声優業をしていた!?

どうも、アルバイトは色々な業種

チャレンジしてきたゆいやです。

今回は、「名探偵コナン」毛利蘭役で

有名な山崎和佳奈さんに対する記事を

書きたいと思います。

山崎和佳奈さんの過去と、

アルバイトと声優業を両立していた

過去がありました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アルバイトで生計を立てていた時代

そとばこまち在籍時代の舞台経験は大いに役立ち、スキルを上げて2年後に塾を卒業して青二のジュニア所属となれたので、会社を退職して上京。半年近くは殆ど仕事を得られずにCDドラマの端役で仮デビューとなるも、その後約1年間レッスンを続ける傍らでガイド職他幾つかのアルバイトで生計を立てていた。

出典:wikipedia

と、書いてある通り、青ニプロダクションの

ジュニア所属となったことにより

会社を退職して上京しました。

しかし、下積み時代ということもあり、最初は仕事が

入ってこず、仮デビューとなっても、

収入はあまり入らずに、生計をアルバイト等

立てていました。

自分も今もやっていますが、本業をこなしながら

副業をしてお金を稼ぐというのは肉体的に

とても辛いものがあり、睡眠時間

削ったり、仕事を色々覚えたり、

大変なことがいっぱいですよね。

それをこなしていたという

前に向かって頑張っていた山崎和佳奈さんは

素晴らしい人だと思います。

デビューしてもアルバイト生計は続いたが

散発的なナレーションや司会などの仕事を幾つか経て青二プロダクションに所属。翌年『緊急発進セイバーキッズ』の天神林ランで正式に声優デビューするが、やはりしばらくはアルバイトを続ける日々が続き、様々な下積みを続けながら徐々に声優としての仕事は増えていった。

出典:wikipedia

と書いてあるとおり、「青ニプロダクション」

所属しましたが、しばらくはアルバイトを続ける

日々が続いていました。

そして下積み時代を続けていた結果で声優としての

仕事は徐々に増えていきました。

その結果、声優として本格的に活動し、

1996年の「名探偵コナン」の毛利蘭役で

一気に知名度があがりました。

下積みを続けながらアルバイトで生計を

立てた結果、このような大役に選ばれた

ということの達成感は凄いと思いますし、

厳しかった状況を諦めずに前向きに

努力してた結果、報われたというのは

素晴らしいと思いました。

青ニプロダクションとは?

設立当初の1970年代より東映動画との関係が深く、1990年代半ばまで東映動画のアニメ作品に声をあてた声優の大半が青二プロダクション所属声優で占められていた。東映動画作品の声の出演者のクレジットタイトルには「協力:青二プロダクション」が必ずと言っていいほど表示されており、キャスティング業務を行っていた。しかし、1996年(平成8年)頃より東映の関連プロダクションである東映マネージメント(2011年3月までは東映アカデミー)も東映アニメのキャスティングを行うようになったために、それ以降は青二プロの独占ではなくなった。なお東映アニメ以外でもオフィス・アカデミー、ウエスト・ケープ・コーポレーション、日本サンライズ、葦プロダクション、国際映画社制作アニメのキャスティングを行っていたこともある。ゲームではコーエーテクモゲームス、日本ファルコム、フライト・プラン製作のゲームに青二プロ所属声優が数多く声をあてている。

出典:wikipedia

と書いてあるとおり、アニメだけではなく、ゲーム

や英語にもこの事務所に所属している方が

担当しているなど、大手声優事務所です。

そこに所属した山崎和佳奈さんの心境は

かなり嬉しかったことだと思います。

毛利蘭に対する熱い思い

『名探偵コナン』の毛利蘭役に関しては、劇場公開時の舞台挨拶、対談、インタビューの度に「毛利蘭は私にとって特別な存在です」と公言し、最も長く演じ続けて今や生活の一部であり、地声のまま自然体で演じられると語っている。

蘭が空手の達人である設定に伴い、自身も殺陣や太極拳を本格的に学ぶなど(空手も嗜み程度には勉強しているとの事で、殺陣関連でヌンチャク裁きもマスターしている)、日頃から「毛利蘭」役に近づくよう自らを磨き続けている。

出典:wikipedia

と書いてあるとおり、特別な存在と語っており、

長く続いているだけではなく、生活の一部とも

語っている通り、とても熱い思いがあるのが

わかりますし、地声のまま自然体でいれる

と絶賛しています。

それだけではなく、毛利蘭に近づこうと努力

し、自ら空手を学ぶなど、日頃においても

自分を磨き続けている努力家の方です。

毛利蘭は山崎和佳奈さんそのものでもあり、

また山崎和佳奈さんも、毛利蘭そのものでもある

という凄い思い入れがあるんだなと

思いました。

僕も山崎和佳奈さんの演技は凄いと

思うことが多々ありましたが、

このように思い入れがものすごいということは

ここまで演技が高くなるのも当然だ

と思いました。

まとめ

今回は毛利蘭役である山崎和佳奈さんに

対する記事を書きました。

山崎和佳奈さんの下積み時代の苦しさ

を耐え抜いた末にある毛利蘭に対する

熱い思いがわかり、これからも

元気で活躍してほしいと思いました。

何かありましたらお問い合わせにお願いします。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする